今回はダービー卿チャレンジトロフィー2016の考察をしていきます。

その前に、本日の結果から。今日は勝負度の低い1日だったのであまり買わなかったんですが、その中で中山10Rでは◎マイネルサージュから▲サブライムカイザー、△グランドサッシュで3連複がヒット!

また、阪神10Rのラジオ関西賞仲春特別は◎ウォーターショパンが8番人気3着に! このレースは相手選びを間違えてダメだったんですが、ほぼイメージ通りの馬場で軸馬選びの精度も悪くないので、明日に向けて期待が膨らみました。

今回は今日の馬場を見た上で、ダービー卿の見解を書いていきます。



中山の馬場状態

先週、中山の馬場状態はかなりの差し馬場でしたが、今週からコース替わりになったことでやや内も復活した感じがしますね。スローペースのレースが多かったこともありますが、早めに抜け出して押し切る形が決まっていました。

もちろん、末脚を使える裏付けがある馬がベストですが、大外ぶん回しは先週ほど決まらない印象ですね。先行〜中団で脚を溜めて直線で弾けられるようなタイプがベストっぽい。

血統面ではディープインパクト産駒が不振でした。

人気馬も多かった中で馬券に絡んだのは船橋Sのサザナミのみ。1200mは特殊なレースなので参考外と考えてもよさそう。

特に山吹賞のオーバートリブンは500万条件なら自動的に突破できるくらいの力を持っていますから、そんな馬が4着に沈むということはディープ産駒に合った馬場じゃないと考えていいかもしれません。(まぁミライヘノツバサをはじめ、上位3頭が強かったこともありますがね)

その代わりに浮上したのがドリームジャーニー&ステイゴールド、ハーツクライ、そして欧州型ノーザンダンサー系ですから、かなりタフな馬場であることは間違いなさそう。

ポイントをまとめると……

・インも悪くないフラットな馬場状態

・タフなサンデー系や欧州型ノーザンダンサーが走る馬場

・底力が問われる&フラットな馬場なので弱い馬が立ち回りでどうこうできる馬場じゃない

底力がある強い馬を買えばいい馬場

って印象ですね。

そうなると、この馬にとっておあつらえ向きの馬場と言えるでしょう。

その馬の名(K)は↓↓(ランキング内で『アルファベット→馬名』の順で記載)

人気ブログランキング内で公開中!
(現在10位前後!当サイトの紹介欄に注目馬を掲載しています)

かなりの混戦なので穴馬を積極的に買いたいところですが、力を問われる馬場状態でもあるので、変な荒れ方はしないんじゃ?と思ったりしてます。もう少し熟考してから結論を出しますがね!

メルマガ会員募集中です!

当サイトでは、重賞を含む注目レース予想はもちろんのこと、

・芝レース全レース回顧(馬別にコメントを掲載)
・種牡馬考察

を配信しています。レースを振り返り、血統を知ることが週末の予想につながっていくからです!

京成杯2

↑↑回顧のイメージ↑↑

一ヶ月3000円ですが、加入後2週間は完全無料で購読いただけます!(※) まずは何週間か購読していただき、継続するかどうか、決めてもらえれば幸いです!

詳細はこちらのページへ!

なにやら小難しいタイトルをつけてしまいましたが(笑)、何も難しいことはやっていません。気軽に登録してみてくださいねm(_ _)m

※ペイパルから申し込んでいただけると完全無料となります!