ダービー卿チャレンジトロフィーの出走馬と枠順が発表された。

モーリス、エキストラエンド、クラリティシチーといった有力馬はどんな枠に入ったのか? 注目の伏兵たちは台頭できるのか? 見ていくことにしよう。

なお、産経大阪杯の徹底検証はメルマガで行っている。検証項目は以下のとおり。

・“超GII”という舞台設定/Vol.717
・好走血統を暴く/Vol.718
・注目したい種牡馬/Vol.719
・ローテで見極める“格”/Vol.720
・才能の指標/Vol.721
・全頭診断1、2/Vol.722、723

あらゆる可能性を考慮し、多角的な目線で検証を行っている。一つのレースをこれだけ徹底的に分析するメルマガも、他にないのではないだろうか。

もちろん、検証だけでなく、結果も出している。成績はメルマガのページを参照あれ。

メルマガの内容は産経大阪杯だけでなく、あらゆるレースに応用できる内容となっている。興味がある方はぜひ登録を。一緒に競馬を楽しみ、勝っていこう

JINの勝ち組育成メルマガ

ダービー卿CT枠順

馬名性齢斤量替 騎手
11カオスモス牡556*内田博幸
12マイネルメリエンダ牡455柴田大知
23シャイニープリンス牡556横山典弘
B24インパルスヒーロー牡556田中勝春
35フラアンジェリコ牡754*柴山雄一
36コスモソーンパーク牡756丹内祐次
47タガノブルグ牡454*吉田豊
48ラインスピリット牡455 森一馬
59クラリティシチー牡456*三浦皇成
510モーリス牡455戸崎圭太
611ウインマーレライ牡455松岡正海
612エキストラエンド牡657*岩田康誠
713ブレイズアトレイル牡655*藤岡康太
714インプレスウィナー牡856*柴田善臣
815アーデント牡656*石橋脩
816クラレント牡658.5田辺裕信

モーリス、は5枠10番、エキストラエンドは6枠12番、クラリティシチーは5枠9番に入った。では、どの枠順に入った馬が強調できるのか、見ていこう。

ダービー卿CT│過去9回枠順別成績

枠番着別度数勝率複勝率単回値複回値
1枠1- 0- 2-14/175.9%17.6%40106
2枠1- 1- 1-15/185.6%16.7%3768
3枠1- 2- 2-13/185.6%27.8%32208
4枠2- 1- 0-15/1811.1%16.7%13250
5枠0- 2- 3-13/180.0%27.8%0102
6枠2- 1- 0-15/1811.1%16.7%24082
7枠1- 1- 1-15/185.6%16.7%51154
8枠1- 1- 0-15/175.9%11.8%5156

集計期間:2005. 4. 3 ~ 2014. 4. 6

ご覧のとおり、内と外、ほとんど差がない

先週の競馬を振り返っても、内、外の差はほとんどなく、どの枠からでも来られる印象だ。

こういう時に注意したいのは「内を重視しすぎないこと」である。

現代競馬は多くの場合、内枠が有利だ。よって、馬券を買う側からすると無意識のうちに、内枠の馬を高く評価してしまいがち。だから相対的に見ると、外枠の馬は人気を落とす傾向にある。

普通に内枠有利の重賞であればそれでいいが、ダービー卿はフラット。ということは、外枠の馬にオッズ的な妙味が生まれる可能性がある。

外を重視しろ、とまではいかないが、枠順による優劣はほとんどないと考えたほうがいいだろう。

なお、馬のタイプを考えるといい枠を引いたのはこの馬だ。

その馬の名(E)は↓↓(ランキング内で『アルファベット→馬名』の順で記載)

人気ブログランキング内で公開中!
(現在10位前後!当サイトの紹介欄に注目馬を掲載しています)

ちょうどいい枠を引いた。あまり起用なタイプではないため、極端な内枠は避けたかったところ。ここからなら普通に競馬ができるため、無理に嫌うことはない。

メルマガ会員募集中です!

当サイトでは、重賞を含む注目レース予想はもちろんのこと、

・芝レース全レース回顧(馬別にコメントを掲載)
・種牡馬考察

を配信しています。レースを振り返り、血統を知ることが週末の予想につながっていくからです!

京成杯2

↑↑回顧のイメージ↑↑

一ヶ月3000円ですが、加入後2週間は完全無料で購読いただけます!(※) まずは何週間か購読していただき、継続するかどうか、決めてもらえれば幸いです!

詳細はこちらのページへ!

なにやら小難しいタイトルをつけてしまいましたが(笑)、何も難しいことはやっていません。気軽に登録してみてくださいねm(_ _)m

※ペイパルから申し込んでいただけると完全無料となります!