今回はダービー卿チャレンジトロフィーの血統検証を行っていこう。

波乱必至のハンデ重賞で台頭している血統とは何なのだろうか?

歴代好走馬の血統から、激走馬のヒントを見つけ出していこう。

ダービー卿CT│過去5回好走馬血統

馬名種牡馬母父馬
カレンブラックヒル4ダイワメジャーGrindstone
カオスモス9マイネルラヴファルブラヴ
インプロヴァイズ8ウォーエンブレムサンデーサイレンス
トウケイヘイロー5ゴールドヘイローミルジヨージ
ダイワマッジョーレ1ダイワメジャーLaw Society
ダイワファルコン2ジャングルポケットサンデーサイレンス
ガルボ3マンハッタンカフェジェネラス
$オセアニアボス10Red RansomSunday Silence
ネオサクセス7ネオユニヴァースノーザンテースト
ショウワモダン7エアジハードトニービン
マイネルファルケ4ムタファーウエクパークリージエント
サニーサンデー5マーベラスサンデートニービン
タケミカヅチ1ゴールドアリュールマルゼンスキー
マイネルファルケ7ムタファーウエクパークリージエント
マヤノライジン12マヤノトップガンDanzig

集計期間:2009. 4. 5 ~ 2014. 4. 6

見てもらえれば分かるように、ディープインパクトやキングカメハメハ、少し前で言えばアグネスタキオンのような“THE 王道血統”という馬が1頭もいない

その代わりに台頭しているのは……

マイネルラヴ
ウォーエンブレム
レッドランサム
エアジハード
ムタファーウェク×2
マヤノトップガン

こういった非サンデー系の地味な血統だ。

また父サンデー系でもゴールドヘイローやマーベラスサンデー、ゴールドアリュールといった地味な種牡馬、ダート適性の高い種牡馬の産駒が走っている。

つまり、ダービー卿はひたすら地味な血統を狙うレースなのだ。

ただ単に地味な血統を狙えばいいというわけではないが、ディープインパクトなどのクラシック血統よりよほど期待値が高い。

よって、上位人気に支持されるならこの馬は嫌うべきだろう。

その馬の名(D)は↓↓(ランキング内で『アルファベット→馬名』の順で記載)

人気ブログランキング内で公開中!
(現在10位前後!当サイトの紹介欄に注目馬を掲載しています)

この種牡馬の産駒にしては重厚な血統であるが、この条件に合うとは思わない。実績は豊富であるが、ここは「嫌って妙味あり」と言えるだろう。

メルマガ会員募集中です!

当サイトでは、重賞を含む注目レース予想はもちろんのこと、

・芝レース全レース回顧(馬別にコメントを掲載)
・種牡馬考察

を配信しています。レースを振り返り、血統を知ることが週末の予想につながっていくからです!

京成杯2

↑↑回顧のイメージ↑↑

一ヶ月3000円ですが、加入後2週間は完全無料で購読いただけます!(※) まずは何週間か購読していただき、継続するかどうか、決めてもらえれば幸いです!

詳細はこちらのページへ!

なにやら小難しいタイトルをつけてしまいましたが(笑)、何も難しいことはやっていません。気軽に登録してみてくださいねm(_ _)m

※ペイパルから申し込んでいただけると完全無料となります!