今回はダービー卿チャレンジトロフィー2016の検証をしていきます。

前回はダービー卿CTの予想のポイントについて書いたので、出走予定馬と照らしあわせていきたいと思います。どの馬が買えるのか、買えないのか、見ていくことにしましょう!

どの馬が買えるのか、買えないのか、見ていくことにしましょう! 



ダービー卿CTの出走予定馬と予想オッズ

こんな感じですね。なお、出走予定登録馬は以下のとおりです。

人気馬名予想オッズ
1サトノアラジン2.8
2ダッシングブレイズ3.9
3キャンベルジュニア4.5
4ロゴタイプ7.5
5エキストラエンド14.8
6ヤングマンパワー21.6
7ダイワリベラル22.5
8マジックタイム25.8
9インパルスヒーロー27.4
10サンライズメジャー34.7
11アルマワイオリ53.1
12ミュゼゴースト55.3
13クラレント56.0
14テイエムタイホー59.4
15ココロノアイ71.8
16シャイニープリンス125.5
17フラアンジェリコ160.7
18シベリアンスパーブ174.3
19ダイワマッジョーレ195.7
20マテンロウボス201.3
21タガノブルグ241.6
22ショウナンアチーヴ318.4
23メイショウヤタロウ372.6
24ノットフォーマル686.8
25アイライン778.4
26ニシノビークイック946.7

derbykyoCT2016_blood3

では、上位人気馬を見ていくことにしましょう。

サトノアラジン

マイルチャンピオンシップの4着馬。このメンバーに入れば大将格でしょう。

改修後の中山ではディープインパクト産駒がよく馬券に絡むようになりました。特に重賞での成績はなかなか。去年は同じマイル重賞の京成杯AHで11番人気のエキストラエンドが穴をあけましたし、今年に入ってからもアンビシャスとマウントロブソンが連対しました。

さらに先週は内外の馬場差がない……というか、差しが決まる馬場になっていたため、末脚が持ち味のサトノアラジンにとって追い風が吹いているといえます(コース替わりで馬場が変化しなければの話ですが)。

特別強調材料があるわけではありませんが、無視できる馬でもない、という位置づけになりますかね。

ダッシングブレイズ

東京新聞杯ではラチにぶつかって競走中止となったのは記憶に新しいところ。

力はあるでしょう。条件さえ整えば重賞でも問題ない。ただし、中山ではディープインパクトなどのクラシック血統が走りやすくなってきたように、昔ほど父ノーザンダンサー系が強調できなくなっている。実際、改修後の中山における重賞で馬券に絡んだ父欧州型ノーザンダンサー系は数えるほどです。

アクシデントがあった後の競走というのは何かとリスクがありますし、ヒモ扱いが妥当でしょうかね。

キャンベルジュニア

前走の関門橋Sはレベルが高かった。そこをぶっちぎって勝ったわけで、重賞で通用しておかしくない力はあります。

前述のとおり、父ノーザンダンサー系という点をどう判断するかですが、重い印を打つことも考えたい。

ロゴタイプ

中山記念は力負けでしたが、相手が悪すぎた。この馬なりに力を出していますが、さすがに現在の中距離路線を引っ張るGI級の馬たちには太刀打ちできる力はない。

ただし、評価を落とし過ぎることはないですね。あのレースは上位3頭が強すぎました。実際、中山記念でロゴタイプより一つ上の着順だったラストインパクトはドバイシーマクラシックで3着になっています。

普通のGII、GIIIならまだまだやれる力がある。あの結果で人気落ちするようならむしろおいしいのでは?

エキストラエンド

ディープ産駒にしては鮮度と関係なく走るタイプ。昨秋の京成杯オータムハンデキャップで2着になっていますね。

この馬は人気なりに評価すればいいのではないでしょうか?

前走は枠順と展開がすべてハマった2着でした。最高に恵まれた結果で評価できない。ただし、2走前は逆に枠順が恵まれなかったのでノーカウントでOK。3走前(京成杯)も恵まれた面があったとはいえ、条件さえ向けば馬券に絡む力はあるということ。その前も条件が向かなかったり、展開が向かなかったりした中で僅差の勝負を続けていました。

あんまり人気になるようなら恵まれない+衰えているほうにかけたほうがいいと思いますが、予想以上に売れない場合は少なくともヒモで拾ったほうがいいでしょう。

上位人気の評価はこんなところ。

なお、穴馬として面白そうなのはこの馬です。

その馬の名(G)は↓↓(ランキング内で『アルファベット→馬名』の順で記載)

人気ブログランキング内で公開中!
(現在10位前後!当サイトの紹介欄に注目馬を掲載しています)

前走は瞬発力勝負になった分、分が悪かった。この条件なら安定して走るだけに、人気がないなら警戒したいですね。

メルマガ会員募集中です!

当サイトでは、重賞を含む注目レース予想はもちろんのこと、

・芝レース全レース回顧(馬別にコメントを掲載)
・種牡馬考察

を配信しています。レースを振り返り、血統を知ることが週末の予想につながっていくからです!

京成杯2

↑↑回顧のイメージ↑↑

一ヶ月3000円ですが、加入後2週間は完全無料で購読いただけます!(※) まずは何週間か購読していただき、継続するかどうか、決めてもらえれば幸いです!

詳細はこちらのページへ!

なにやら小難しいタイトルをつけてしまいましたが(笑)、何も難しいことはやっていません。気軽に登録してみてくださいねm(_ _)m

※ペイパルから申し込んでいただけると完全無料となります!