今回はアーリントンカップ2016の検証をしていきます。

前回はアーリントンカップの予想のポイントについて書いたので、出走予定馬と照らしあわせていきたいと思います。どの馬が買えるのか、買えないのか、見ていくことにしましょう!

どの馬が買えるのか、買えないのか、見ていくことにしましょう! 



アーリントンカップの出走予定馬と予想オッズ

人気馬名予想オッズ
1ロスカボス3.7
2ボールライトニング4.4
3アーバンキッド6.2
4ロワアブソリュー6.2
5シゲルノコギリザメ10.1
6ユウチェンジ10.2
7ヒルノマゼラン11.9
8オデュッセウス15.0
9ダンツプリウス19.0
10レオナルド20.4
11レインボーライン28.4
12マディディ73.0
13ビップライブリー75.2
14パールフューチャー138.5
15ロードブレイド140.5
16メイショウカネサダ198.4
17ウェーブヒーロー394.7
18グランセブルス459.0
19ケンホファヴァルト540.7

こんな感じですね。なお、出走予定登録馬は以下のとおりです。

Arlingtoncup2016_blood3

では、上位人気馬を見ていくことにしましょう。

ロスカボス

すみれSへ出走予定とのこと。懸命な判断ですね。

ボールライトニング

朝日杯FSは差し馬が上位を独占するようなレースになったため、見直し可能。

ただし、京王杯2歳Sはレベルが高くなかった。デグラーティアの半弟ということで完成度の高さで勝ち取った勝利という感が否めない。距離にも限界がありそうで、マイル重賞は微妙。人気ほどの信頼性はないと判断するのが妥当でしょうね。ちなみに半姉のデグラーティアは阪神JFで惨敗後、休み明けだったファルコンSでも3番人気13着と人気を裏切っています。

そもそもこんなに人気になるのかなぁと半信半疑。人気なら嫌いたいな、というのが率直な印象です。

アーバンキッド

2走目のひいらぎ賞はレベルが高かった。重賞レベルでもやれる馬でしょう。

脚質的にどうしても後ろからいくタイプなので外回りにコース替わりするのはプラス。ハーツクライ産駒ということで阪神も合う。

たぶん、こっちが1番人気になんじゃないですかね? そして、1番人気なりに信頼して良さそう。

ロワアブソリュー

前走のきさらぎ賞では経験不足を露呈しました。そもそも人気になることが間違いだったため、参考外でOK。前走の予想の際の評価↓↓

ゼンノロブロイ産駒は基本的に晩成型で叩き良化型。キャリア1戦での重賞挑戦は(0-0-1-12)と好走例がほぼないし、そもそも出走例が少なく、適性の低さを表している。母系を見ても兄弟のシュプリームギフトやベステゲシェンクは古馬になってから力をつけたタイプで、3歳春の重賞に対応できるのか疑問符がつく。

舞台設定も微妙。京都外回りの重賞での同産駒の実績といえばトレイルブレイザーが京都記念を勝ったくらい。2000m未満ではスワンSのオメガヴェンデッタくらいしか好走歴がない。同産駒は荒れ馬場や冬場が苦手なので馬場も合わないと思う。展開に恵まれそうだし、力だけで来てしまう可能性は否定しないが、ここでは買いづらい

個人的には距離延長のほうが向くと思っているんですが、かかるということでマイルで使ってくるのでしょう。血統的にもシュプリームギフトやベステゲシェンクなど、兄弟たちは短距離路線で活躍していますから、距離短縮は問題なし

人気ほどの信頼性があるかどうかはさておき、条件としては悪くない。気にかけておいたほうがいいでしょう。

シゲルノコギリザメ

プロフィールが地味過ぎて走っても走っても人気にならない生粋の穴馬タイプ。ということで、買っていいのではないでしょうか。

もっとも、ここ2走は結構恵まれたのも事実。シンザン記念は内枠or先行馬が有利なレースですし、クロッカスSは距離短縮+道悪と条件が向いていた。今回は力の問われる阪神マイルへの距離延長ですから、普通に考えて条件はよくない。ということで、重い印まではどうでしょうか。

ユウチェンジ

前走は結果的に枠順が響きました。距離も長かった。

今回はマイルへの距離短縮ということで、プラスに働く可能性が高いと見ています。

もともと重賞戦線でやれるだけの力を示している馬ですから、本当にこの人気にとどまるならちょっと人気なさすぎだと思いますけど、どうなんでしょうね。3番人気くらいが妥当だと思うんですが。

上位人気の評価はこんなところ。

なお、穴馬として面白そうなのはこの馬です。

その馬の名(C)は↓↓(ランキング内で『アルファベット→馬名』の順で記載)

人気ブログランキング内で公開中!
(現在10位前後!当サイトの紹介欄に注目馬を掲載しています)

メルマガ会員募集中です!

当サイトでは、重賞を含む注目レース予想はもちろんのこと、

・芝レース全レース回顧(馬別にコメントを掲載)
・種牡馬考察

を配信しています。レースを振り返り、血統を知ることが週末の予想につながっていくからです!

京成杯2

↑↑回顧のイメージ↑↑

一ヶ月3000円ですが、加入後2週間は完全無料で購読いただけます!(※) まずは何週間か購読していただき、継続するかどうか、決めてもらえれば幸いです!

詳細はこちらのページへ!

なにやら小難しいタイトルをつけてしまいましたが(笑)、何も難しいことはやっていません。気軽に登録してみてくださいねm(_ _)m

※ペイパルから申し込んでいただけると完全無料となります!