フェブラリーステークス2016の枠順が確定しました。

どの馬が買えるのか、買えないのか、見ていくことにしましょう!



フェブラリーSの枠順

Februarys2016_gate

こんな枠順になりました。

一方、過去の枠順別の成績が以下になります。

Februarys2016_gate2

※10番人気以内

東京ダート1600mということで傾向としては外枠がやや有利といったところ。

一方、包まれて揉まれやすい1枠は厳しい枠ですね。

昨年はローマンレジェンドに重い印を打つ予定だったんですが、1枠に入ってしまったことで評価は下げました。レースでは案の定、揉まれてしまって掲示板に載るのがやっとでしたよね。枠順が違ってもっとスムーズな競馬ができたら上に来られてもおかしくなかった。それだけ1枠は厳しい枠ということです。

1枠から馬券に絡んだのは“ダート王”カネヒキリと、揉まれることを苦にしないマンハッタンカフェ産駒のグレープブランデーだけですから、よっぽど強いか、揉まれることに耐えられる血統じゃないと克服するのは難しい。(グレープブランデーも人気馬でしたしね)

牝馬ということでただでさえフィジカル的に劣るホワイトフーガにとって厳しい枠順と言えそうです。

コパノリッキーもスタートをへグることがあるので、この枠順はかなり微妙。スタートで出負けしてスーサンジョイやモンドクラッセらに外から被されたら、スムーズな競馬ができないかもしれません。

事実、去年もコパノリッキーは出負けしています

何度も書いているように、去年は武豊騎手がかなりうまく乗りました。今年も同じように良い展開に持ち込めるかというと、微妙だと思います。

他の有力馬でいうと、ノンコノユメはどのみち外に出すので極端過ぎる内枠じゃなければよかった。ということで、まずまず。モーニンもこの枠からならスムーズに運べるでしょうね。

なお、いい枠順を引けたのはこの馬でしょう。

その馬の名(J)は↓↓(ランキング内で『アルファベット→馬名』の順で記載)

人気ブログランキング内で公開中!
(現在10位前後!当サイトの紹介欄に注目馬を掲載しています)

過去の戦績を見ても内枠より外枠のほうが明らかに成績がいいですよね。

メルマガ会員募集中です!

当サイトでは、重賞を含む注目レース予想はもちろんのこと、

・芝レース全レース回顧(馬別にコメントを掲載)
・種牡馬考察

を配信しています。レースを振り返り、血統を知ることが週末の予想につながっていくからです!

京成杯2

↑↑回顧のイメージ↑↑

一ヶ月3000円ですが、加入後2週間は完全無料で購読いただけます!(※) まずは何週間か購読していただき、継続するかどうか、決めてもらえれば幸いです!

詳細はこちらのページへ!

なにやら小難しいタイトルをつけてしまいましたが(笑)、何も難しいことはやっていません。気軽に登録してみてくださいねm(_ _)m

※ペイパルから申し込んでいただけると完全無料となります!