今回はフェブラリーステークスの血統について考えていこう。

砂の王者決定戦で強調できる血とは何なのだろうか? 歴代好走馬たちの血統を紐解き、激走馬を探していこう。

フェブラリーの“3大血統要素”

フェブラリーSで重要になってくる血統は主に3つある。

今回はそのうち1つを明かしていこう。

フェブラリーS│過去5年好走馬血統

馬名種牡馬母父馬
コパノリッキー16ゴールドアリュールティンバーカントリー
ホッコータルマエ2キングカメハメハCherokee Run
ベルシャザール1キングカメハメハサンデーサイレンス
グレープブランデー3マンハッタンカフェジヤツジアンジエルーチ
エスポワールシチー9ゴールドアリュールブライアンズタイム
ワンダーアキュート7カリズマティックPleasant Tap
$テスタマッタ7TapitConcern
シルクフォーチュン4ゴールドアリュールAlwuhush
ワンダーアキュート2カリズマティックPleasant Tap
トランセンド1ワイルドラッシュトニービン
フリオーソ3ブライアンズタイムMr. Prospector
バーディバーディ4ブライアンズタイムSeeking the Gold
エスポワールシチー1ゴールドアリュールブライアンズタイム
$テスタマッタ5TapitConcern
サクセスブロッケン2シンボリクリスエスサンデーサイレンス

集計期間:2005. 2.20 ~ 2014. 2.23

近年、最も注目されるのがロベルトの血だろう。

東京ダート1600mはダート戦であるものの、直線が長いため芝的な要素が問われる。ロベルト系はブライアンズタイムやシンボリクリスエスを筆頭に、芝・ダートの両方に適正が高く、両方で大物を出している。まさにフェブラリーSに合った血といえよう。

昨年こそ不発だったが(強いて言えばコパノリッキーの母母母父はロベルト系リアルシャダイ)、一昨年は母父ブライアンズタイムのエスポワールシチーが9番人気ながら2着に激走。

2011年は2、3着が、2010年は1、3着がそれぞれ父か母父にロベルトの血を持つ馬が締めた。

今年もロベルトの血は警戒しておくべきだろう。

となると、ロベルトの血を持つこの馬は穴馬候補の1頭となりそうだ。

その馬の名(D)は↓↓(ランキング内で『アルファベット→馬名』の順で記載)

人気ブログランキング内で公開中!
(現在10位前後!当サイトの紹介欄に注目馬を掲載しています)