今回は2015年のセントライト記念の検証していきましょう。

今年のセントライト記念は日本ダービー2着のサトノラーゼン、皐月賞3着のキタサンブラック、同4着のブライトエンブレムらが出走予定です。

どの馬が王者に近いのか? 考察していきましょう。

セントライト記念の予想オッズ

人気馬名予想オッズ
1サトノラーゼン2.7
2ブライトエンブレム3.3
3ベルーフ5.4
4キタサンブラック6.4
5タンタアレグリア13.6
6ミュゼエイリアン16.6
7ロッカフェスタ23.0

この辺りが上位人気になる馬たちですね。

サトノラーゼンは京都新聞杯制覇からダービー2着。キャリアでいまだに3着以内を外したことがないという堅実派です。ここでも軸馬として重宝されるでしょう。

ケチをつけるとすればダービーは“神枠”の1枠1番からスタートしてインベタだったこと、岩田騎手の堅実な騎乗があったことも好走の助けとなりました。人気の中心として迎える今回、信頼度はどうでしょうか?

ディープインパクト産駒の走り時としては間を空けていますし、いいと思いますが。

ブライトエンブレムは一悶着あってダービーを回避。ただ中山では実績がありますから人気になるでしょうね。しかも今の中山は差しが決まる馬場状態ですから、長くいい脚を使える点は◎でしょう。

ネオユニヴァース産駒は先週、フラアンジェリコが大穴を空けましたし、血統的にも悪くないでしょう。

ただ、1点懸念しているのは、差し馬場がいつまで続くのだろうか?という点です。その件に関してはまた別途。

ベルーフは小倉記念で2着となり、古馬とも互角にやれる力があることを示しました。脚質的にもブライトエンブレムと同じように長くいい脚が使えるため、差し馬場が続くならいいでしょうね。“続くなら”(ここ、ポイント)

あとはやっぱり「ハービンジャー産駒どうなのよ!?」という点ですね。ちなみに実践的種牡馬辞典2015におけるハービンジャー産駒の総合力評価は「C−」です。「そこそこ走るけど、オッズ的な妙味はない(=買い続けると負けるよ)」って感じですね。なので本命には向かないかなーと思ってます(種牡馬辞典はメルマガの入会特典として配布していますので、そちらまで)

なお、パッと見、穴馬として面白そうなのがこの馬ですね。

その馬の名(B)は↓↓(ランキング内で『アルファベット→馬名』の順で記載)

人気ブログランキング内で公開中!
(現在10位前後!当サイトの紹介欄に注目馬を掲載しています)

血統的に合っているのと、もしかしたら来週は馬場が向く可能性があるので、ちょっと注目していきたいですね。

メルマガ会員募集中です!

当サイトでは、重賞を含む注目レース予想はもちろんのこと、

・芝レース全レース回顧(馬別にコメントを掲載)
・種牡馬考察

を配信しています。レースを振り返り、血統を知ることが週末の予想につながっていくからです!

京成杯2

↑↑回顧のイメージ↑↑

一ヶ月3000円ですが、加入後2週間は完全無料で購読いただけます!(※) まずは何週間か購読していただき、継続するかどうか、決めてもらえれば幸いです!

詳細はこちらのページへ!

なにやら小難しいタイトルをつけてしまいましたが(笑)、何も難しいことはやっていません。気軽に登録してみてくださいねm(_ _)m

※ペイパルから申し込んでいただけると完全無料となります!