(C)Mina Mina
(C)Mina Mina

今回はチューリップ賞に出走するブチコを取り上げて、馬券で買っていく上での心得について触れていきたい。

白毛馬として注目を集めるアイドルホースをどのように扱っていくべきなのか? これを出来るかできないかで、かなり回収率が変わってくる。

買わない勇気

よく「気持ちと馬券は別物」という言葉が使われる。応援している馬、応援している騎手がいても、馬券を買うとなると別物。愛情や期待を排除して馬券を買えるかどうかで、回収率は大きく変わってくる。

今回のブチコはまさに典型的な例だ。

白毛馬、アイドルホース、かわいい。応援したくなる。

しかも鞍上は武豊騎手だ。

白毛馬×武豊

なんて心躍るフレーズなんだろうか。

素直にそう思う。彼女のおかげで競馬を知らない方も競馬に持ってくれているし、走ってくれたら夢が広がると思う。素直に応援したい。

しかし、やはり、馬券は“別物”と考えなければいけない。冷静に判断すると、ブチコを買える要素はほとんどないだから。

マスコミに踊らされるな

新聞には「ブチコ、いざ桜花賞へ!」の文字が踊る。

音無調教師や武豊騎手の「芝でも期待」というコメントが紙面を飾る。

そうすることでファンはある種の“洗脳”によって、「芝でも走るかもしれない!」という錯覚に陥る。

しかし、立ち止まってよく考えてみてほしい。

これだけ注目を集める中、「ダート馬なので厳しいでしょう」とか「芝では実績がないので期待しないでください」なんていうコメントができるだろうか?

さらに、そんなネガティブなコメントを載せて新聞が売れるだろうか? サイトのPVが伸びるだろうか?

どちらも否だ。本当は、心の中では「厳しいだろうな」と誰もが思っていても、煽らなければいけない。それが、日本のマスメディアの現状であり、その構造からは誰も逃れられない。

だからこそ、ファンはどの情報が正しくて、何が間違っているのかを、冷静に判断して馬券を買っていかなければいけない

ブチコが買えない理由

冷静に考えればブチコを買える要素は少ない

芝では3走して5、2、4着。それぞれ、上がり3ハロンが35.3、36.0、36.6秒で、すべて上がり4位以下だ。芝では全くキレないことが証明されている。

全くダメというわけではないものの、ダート適性のほうが高いことは誰の目にも明らかだ。

それを裏付ける根拠もある。それが、血統だ。

兄弟を見てみると、ホワイトベッセル、ユキチャン、マシュマロ、マーブルケーキと、すべての馬がダートで勝ち星を挙げている。言い換えると、芝での実績は全くない

変な報道に踊らされず、冷静に馬自体を見ていけば、到底(少なくとも積極的に)買える馬ではないということが分かる。

単勝100倍くらいつくならいいが、応援馬券等で人気を集めるはず。実際、Netkeibaの予想オッズでは15倍。前走クイーンカップ4着のアンドリエッテより人気を集めている。

こういう馬を報道に踊らされて買ってしまうのか、冷静な判断を下せるのかで、回収率は大きく変わってくる。気をつけていきたいところだ。

なお、信頼できる人気馬といえばこの馬。

その馬の名(B)は↓↓(ランキング内で『アルファベット→馬名』の順で記載)

人気ブログランキング内で公開中!
(現在10位前後!当サイトの紹介欄に注目馬を掲載しています)

前走は不利な条件の中で好走。勝ち馬の鮮やかさが目立ったレースだが、本当に強い競馬をしたのはこの馬だった。ここでも実力上位。信頼性が高いのは間違いない。

メルマガ会員募集中です!

当サイトでは、重賞を含む注目レース予想はもちろんのこと、

・芝レース全レース回顧(馬別にコメントを掲載)
・種牡馬考察

を配信しています。レースを振り返り、血統を知ることが週末の予想につながっていくからです!

京成杯2

↑↑回顧のイメージ↑↑

一ヶ月3000円ですが、加入後2週間は完全無料で購読いただけます!(※) まずは何週間か購読していただき、継続するかどうか、決めてもらえれば幸いです!

詳細はこちらのページへ!

なにやら小難しいタイトルをつけてしまいましたが(笑)、何も難しいことはやっていません。気軽に登録してみてくださいねm(_ _)m

※ペイパルから申し込んでいただけると完全無料となります!