(C)takaha_jp
(C)takaha_jp

日本競馬界の悲願である凱旋門賞制覇へ向けて、キズナと武豊騎手が最高のスタートを切った

日本ダービー馬として初めて凱旋門賞への挑戦を決めたキズナ。その前哨戦は、最高の結果となった。

ゆったりとしたスタートを切ったキズナは「いつものポジション」、後方2番手あたりにつけて終始マイペースで追走。フォルスストレートでも慌てることなく、最後の直線に入っても武豊騎手は持ったまま。最後の350m付近で追い出しを開始して、凱旋門賞前入り一番人気のフリントシャーらをねじ伏せた。

最後はイギリスダービー馬ルーラーオブザワールドに詰め寄られたものの、鼻の上げ下げてキズナがわずかに先着。見事、ニエル賞を制して凱旋門賞へ臨むことになった。

いやーーーーーー、興奮した!!!

最後、負けたと思ったけど、たとえ負けていたとしても見応えのあるレースだったように思う。

何より、他の有力馬が早めに追い出す中で、キズナは最後まで溜めて余裕があったように見えた。このあたりは武豊騎手が「85%」と言ったように、これから詰めていくことなのだろう。

日本ダービー以来のレース、初の58キロ、何より初めてのロンシャンの馬場と、不安要素が数多くあった中でこのパフォーマンス

超スローペース、ルーラーオブザワールドに詰め寄られたのは事実であるため、本番の凱旋門賞に必ずしもつながるかどうかは微妙なところだが、それでも本当に楽しみな結果を残してくれたと思う。

正直、血統的に見るとやや軽い印象だっただけに、前哨戦とはいえ各国ダービー馬をおさえて勝利したというのはうれしい驚き。

キズナの血統に関しては→ダービー馬キズナの血統〜ディープインパクト産駒のトレンド〜

本番でも、今日と同じように、いやダービーの時のような鋭い末脚で他馬をなで切る姿を見せてほしい

それにしてもユタカさん、さすがだ!!

さて、明日はセントライト記念。現時点での本命候補はこの馬!

その馬の名は→(現在15位前後)

メルマガ会員募集中です!

当サイトでは、重賞を含む注目レース予想はもちろんのこと、

・芝レース全レース回顧(馬別にコメントを掲載)
・種牡馬考察

を配信しています。レースを振り返り、血統を知ることが週末の予想につながっていくからです!

京成杯2

↑↑回顧のイメージ↑↑

一ヶ月3000円ですが、加入後2週間は完全無料で購読いただけます!(※) まずは何週間か購読していただき、継続するかどうか、決めてもらえれば幸いです!

詳細はこちらのページへ!

なにやら小難しいタイトルをつけてしまいましたが(笑)、何も難しいことはやっていません。気軽に登録してみてくださいねm(_ _)m

※ペイパルから申し込んでいただけると完全無料となります!