今週はシンザン記念とフェアリーステークスの検証を行っていく。

まずはシンザン記念の好走血統の所見をお伝えしていこう。昨年はミッキーアイル、ウインフルブルームという後のGI好走馬を輩出。そして3年前にはジェンティルドンナ、4年前にはオルフェーヴルが好走している。

未来のスターホースとなるための“試金石”となるレースのポイントはどこにあるのだろうか?

シンザン記念│過去5回好走馬血統

馬名種牡馬母父馬
ミッキーアイル1ディープインパクトRock of Gibraltar
ウインフルブルーム2スペシャルウィークサクラユタカオー
タガノグランパ5キングカメハメハスペシャルウィーク
エーシントップ1Tale of the CatUnbridled’s Song
ヘミングウェイ9ネオユニヴァースMachiavellian
タマモベストプレイ3フジキセキノーザンテースト
ジェンティルドンナ2ディープインパクトBertolini
マイネルアトラクト9アドマイヤマックストウカイテイオー
プレミアムブルー11サムライハートタイキシャトル
レッドデイヴィス7アグネスタキオントニービン
オルフェーヴル3ステイゴールドメジロマックイーン
マルセリーナ6ディープインパクトMarju
ガルボ4マンハッタンカフェジェネラス
シャイン9メイショウドトウサクラバクシンオー
セレスロンディー10プリサイスエンドフジキセキ

集計期間:2010. 1.10 ~ 2014. 1.12

好走馬血統分析所見

ポイント1 とにもかくにもディープ産駒

過去4回で(2−0−1−3)と好走率50%。過去3年中2勝。2年前はディープインパクト産駒の出走なし。つまり、出走機会2戦2勝、出走機会3戦すべてで馬券になっている。

余談だが、ここで馬券になったミッキーアイル、ジェンティルドンナ、マルセリーナはすべて後にGIを制している。

ポイント2 ダート血統の台頭

過去5回、8番人気以下ながら好走した4頭すべてが、3代以内に米国ダート血統のラインを持っていた。

ポイント3 生涯最初で最後の輝きを放つ馬

生涯最初で最後の輝きを見せそうな馬を探すのが大事。ヘミングウェイ、マイネルアトラクト、プレミアムブルー、シャイン、セレスロンディーらはここで好走した後、重賞で1度も馬券になっていない。なぜ彼らがここで好走できたのか、なぜこの後、活躍できなかったのか、という点を深く考えていくべきだ。

ということで好走血統に合致するこの馬は買い目に加えたほうが良さそうだ。

その馬の名(A)は↓↓(ランキング内で『アルファベット→馬名』の順で記載)

人気ブログランキング内で公開中!
(現在10位前後!当サイトの紹介欄に注目馬を掲載しています)

メルマガ会員募集中です!

当サイトでは、重賞を含む注目レース予想はもちろんのこと、

・芝レース全レース回顧(馬別にコメントを掲載)
・種牡馬考察

を配信しています。レースを振り返り、血統を知ることが週末の予想につながっていくからです!

京成杯2

↑↑回顧のイメージ↑↑

一ヶ月3000円ですが、加入後2週間は完全無料で購読いただけます!(※) まずは何週間か購読していただき、継続するかどうか、決めてもらえれば幸いです!

詳細はこちらのページへ!

なにやら小難しいタイトルをつけてしまいましたが(笑)、何も難しいことはやっていません。気軽に登録してみてくださいねm(_ _)m

※ペイパルから申し込んでいただけると完全無料となります!