京都金杯の出走馬と枠順が発表された。

昨年の覇者エキストラエンドや、クラシックを賑わせたウインフルブルーム、上がり馬のフルーキー、シェルビーらが出走する。

発表された枠順とともに、過去のレースを振り返り、“枠順の明暗”を探っていこう。

京都金杯枠順

1−1 エキストラエンド
1−2 マイネルメリエンダ
2−3 ショウナンワダチ
2−4 ウインフルブルーム
3−5 シェルビー
3−6 メイショウヤタロウ
4−7 フルーキー
4−8 グランデッツァ
5−9 アクションスター
5−10 ダノンヨーヨー
6−11 ブレイズアトレイル
6−12 レッドデイヴィス
7−13 コアレスドラード
7−14 シャイニーホーク
7−15 ニシノビークイック
8−16 アズマシャトル
8−17 ホウライアキコ
8−18 ミッキーラブソング

京都金杯│過去10回枠順成績

枠番着別度数勝率連対率複勝率単回値複回値
1枠4- 1- 0-15/2020.0%25.0%25.0%13661
2枠1- 1- 1-17/205.0%10.0%15.0%2937
3枠1- 3- 1-15/205.0%20.0%25.0%6257
4枠2- 3- 2-13/2010.0%25.0%35.0%140180
5枠1- 1- 3-15/205.0%10.0%25.0%3681
6枠1- 0- 0-18/195.3%5.3%5.3%6415
7枠0- 0- 2-18/200.0%0.0%10.0%040
8枠0- 1- 1-18/200.0%5.0%10.0%049

集計期間:2005. 1. 5 ~ 2014. 1. 5

すでに検証したように、京都金杯には明確な“枠順の明暗”が存在する。

過去10年で4枠より内が8勝。6枠より外はほとんど壊滅状態だ。特に7、8枠はほとんど3着が精一杯という成績が出ている。

なぜ外枠が不利なのか? という点に関してはこちらの記事を参照あれ。

京都金杯2015予想考察│“グリーンベルト”が発生する理由

とにかく京都金杯は内枠から本命を選ぶのがセオリーだ。

となると、いい枠順を引いたと感じるのはこの馬だ。

その馬の名(G)は↓↓(ランキング内で『アルファベット→馬名』の順で記載)

人気ブログランキング内で公開中!
(現在10位前後!当サイトの紹介欄に注目馬を掲載しています)

メルマガ会員募集中です!

当サイトでは、重賞を含む注目レース予想はもちろんのこと、

・芝レース全レース回顧(馬別にコメントを掲載)
・種牡馬考察

を配信しています。レースを振り返り、血統を知ることが週末の予想につながっていくからです!

京成杯2

↑↑回顧のイメージ↑↑

一ヶ月3000円ですが、加入後2週間は完全無料で購読いただけます!(※) まずは何週間か購読していただき、継続するかどうか、決めてもらえれば幸いです!

詳細はこちらのページへ!

なにやら小難しいタイトルをつけてしまいましたが(笑)、何も難しいことはやっていません。気軽に登録してみてくださいねm(_ _)m

※ペイパルから申し込んでいただけると完全無料となります!