本日の激走の可能性が高い馬、通称“ゲキ馬”は京阪杯から。

その馬の名(京阪杯)は↓↓(ランキング内で『京阪杯→馬名』の順で記載)

人気ブログランキング内で公開中!
(現在10位前後!当サイトの紹介欄に注目馬を掲載しています)

京阪杯2014予想│血統とデータから導く軸馬とは?

この検証で行った軸馬発掘ファクターに該当。コース巧者だし、好枠に入ったことで信頼性は高まった。人気も手頃。ここから入るのがベストだろう。

東京11R ジャパンカップ

ジャパンカップの検証、未読の方はこちらから御覧ください。

↓↓↓

ジャパンカップ2014予想│検証まとめと勝率1%の人気馬

上記の検証を頭に入れた上で、ワンアンドオンリーを推奨したい。

ジャパンカップは“真の名馬決定戦”だ。格式高いレースであり、中途半端な穴馬が好走できるようなレースではない。

ワンアンドオンリーは今年のダービー馬であり、菊花賞1番人気に支持されたほどの馬だ。前走の惨敗によって人気を落としているが、例年のメンバーなら3番人気以内に入っておかしくない実力馬である。言い換えれば、不当に人気を落としているといえる。

そもそも菊花賞は全く向いていなかった。距離が不安だったし、ハーツクライ産駒は京都の重賞が苦手だ。しかも1番人気に支持されていた。

そう、菊花賞は3重苦というシチュエーションだったのだ。

結果、外枠からスタートして前に壁が作れず、終始力んで走り続けた。そうなると、最後の直線で余力は残っていない。

京都芝3000mから東京芝2400mへのコース替わりは間違いなく大幅なプラスだ。

今回は7番人気ということで気楽に乗ることができるし、枠順を考えれば前に壁を作って折り合いを付けられる。となると、少なくとも前回より好走を期待できる。ダービー馬の巻き返しに期待したいところだ。

ただ、ワンアンドオンリー以上に魅力的な穴馬が存在するため、本命はそちらに打った。

ジャパンカップの予想完全版はメルマガと競馬予想グランプリで配信。乞うご期待!

JINの勝ち組育成メルマガ

↑↑メルマガはこちらから登録できます↑↑

メルマガ会員募集中です!

当サイトでは、重賞を含む注目レース予想はもちろんのこと、

・芝レース全レース回顧(馬別にコメントを掲載)
・種牡馬考察

を配信しています。レースを振り返り、血統を知ることが週末の予想につながっていくからです!

京成杯2

↑↑回顧のイメージ↑↑

一ヶ月3000円ですが、加入後2週間は完全無料で購読いただけます!(※) まずは何週間か購読していただき、継続するかどうか、決めてもらえれば幸いです!

詳細はこちらのページへ!

なにやら小難しいタイトルをつけてしまいましたが(笑)、何も難しいことはやっていません。気軽に登録してみてくださいねm(_ _)m

※ペイパルから申し込んでいただけると完全無料となります!