今週はジャパンカップの検証を徹底的に行なっていく。

今年は国内外合わせて13頭のGI馬が出走を予定。まさに“最強馬決定戦”の様相を呈している。

そんなレースのポイントはどこにあるのだろうか?

“真の名馬”決定戦

ジャパンカップは東京芝2400mで行われる古馬GIだ。2014年の東京開催を締めくくる、秋最大の大一番である。

ジャパンカップの最大のポイントは、東京芝2400mで行われるという点だ。東京芝2400mといえば、日本ダービーが行われる舞台として知られている。

日本ダービーは3歳で最も重要なレース。そしてジャパンカップは古馬GIで最も権威のあるレースだ。3歳と古馬のもっとも重要なレースが同じ東京芝2400mで行われている。つまり、言い換えれば……

日本における競走馬の強さの定義は「東京芝2400mで勝てる馬」

なのだ。すべてのホースマンはダービーを勝ちたいと考える。だから(少なくとも)最初は東京芝2400mで勝てる馬を作ろうとする。必然的に東京芝2400m(芝中距離)の競争率は高くなり、レベルは高くなる。直線が長い東京の芝中距離ということで、究極のスピードが求められ、中途半端な実力では通用しない。

しかもジャパンカップは約2カ月行われる秋の東京開催の最終週に行われる。だから馬場はタフなコンディションになっている場合がほとんど。言い換えれば、タフな馬場を攻略できる底力がないと好走できない。

つまり、スピードと底力の両方を求められるのがジャパンカップなのだ。この2つを持ち合わせていなければ“真の名馬”となることはできない。歴代の好走馬を見てみても、ほとんどの馬が歴史的名馬として名前が挙がる馬となっている。

ジェンティルドンナ
ブエナビスタ
ローズキングダム
ウオッカ
スクリーンヒーロー
アドマイヤムーン
ディープインパクト
アルカセット
ゼンノロブロイ

GI1勝馬はスクリーンヒーローのみ。そのスクリーンヒーローにしても翌年の天皇賞秋で連対し、この激走がフロックでなかったことを証明している。

今年も馬券に絡む資格があるのは“真の名馬”のみである。言い方を変えれば、“真の名馬”にふさわしい馬を見つけることができれば、馬券を当てることができるわけだ。

例えば面白いと思うのはこの馬(B)↓↓(ランキング内で『アルファベット→馬名』の順で記載)

人気ブログランキング内で公開中!
(現在10位前後!当サイトの紹介欄に注目馬を掲載しています)

距離不安がささやかれているが、“真の名馬”として歴代勝ち馬と並んでも遜色ない力を持っている。やはり外せない1頭となりそうだ。

メルマガ会員募集中です!

当サイトでは、重賞を含む注目レース予想はもちろんのこと、

・芝レース全レース回顧(馬別にコメントを掲載)
・種牡馬考察

を配信しています。レースを振り返り、血統を知ることが週末の予想につながっていくからです!

京成杯2

↑↑回顧のイメージ↑↑

一ヶ月3000円ですが、加入後2週間は完全無料で購読いただけます!(※) まずは何週間か購読していただき、継続するかどうか、決めてもらえれば幸いです!

詳細はこちらのページへ!

なにやら小難しいタイトルをつけてしまいましたが(笑)、何も難しいことはやっていません。気軽に登録してみてくださいねm(_ _)m

※ペイパルから申し込んでいただけると完全無料となります!