今週は京成杯オータムハンデとセントウルSが行われる。

セントウルSはスプリンターズSの前哨戦として重要な役割を担っている。レースのポイントはどこにあるのだろうか?

一つ一つ、考察していくことにしよう。

レースラップ

まずはラップを見てレースの特徴を紐解いていこう。

以下は過去5回のセントウルSにおけるラップだ。

2013年
12.0 – 10.9 – 10.9 – 11.0 – 10.9 – 11.8

2012年
12.0 – 10.3 – 10.9 – 11.0 – 11.2 – 11.9

2011年
12.2 – 10.6 – 11.3 – 11.3 – 11.0 – 12.1

2010年
12.0 – 10.7 – 11.2 – 11.5 – 10.8 – 11.8

2009年
12.2 – 10.7 – 10.9 – 11.2 – 11.1 – 11.7

持続力レース

阪神芝1200Mはコースの構造上、持続力レースになりやすい

スタートからダラダラとした下り坂が続く。特に400Mを超えたあたりから下っていき、急坂を迎えるラスト1ハロンまで続いていく。

坂があるということは加速がつきやすいということ。言い換えればペースが緩みにくいということだ。

実際、ラップを見てもらえば分かると思うが、中盤で明らかに緩んでいるという年がほとんどない

つまり、持続力レースに対応できる血統の馬を買っていくことがセオリーとなる。

例えばぱっと見、今回の出走馬の中ではこの馬が合っている

その馬の名(C)は→「人気ブログランキング」で公開中!
(現在10位前後!当サイトの紹介欄に注目馬を掲載しています)

持続力の血を豊富に持ち合わせていて魅力的。人気がどうなるか読めないところだが、買ってみたい1頭だ。

メルマガ会員募集中です!

当サイトでは、重賞を含む注目レース予想はもちろんのこと、

・芝レース全レース回顧(馬別にコメントを掲載)
・種牡馬考察

を配信しています。レースを振り返り、血統を知ることが週末の予想につながっていくからです!

京成杯2

↑↑回顧のイメージ↑↑

一ヶ月3000円ですが、加入後2週間は完全無料で購読いただけます!(※) まずは何週間か購読していただき、継続するかどうか、決めてもらえれば幸いです!

詳細はこちらのページへ!

なにやら小難しいタイトルをつけてしまいましたが(笑)、何も難しいことはやっていません。気軽に登録してみてくださいねm(_ _)m

※ペイパルから申し込んでいただけると完全無料となります!