今週は天皇賞秋の前哨戦であり、有力馬の秋始動戦として使われる毎日王冠が行われる。

まずは歴代のラップを紐解き、どんなレースになるか、予想していこう。

過去5回、毎日王冠ラップ

2013年
13.0 – 11.0 – 11.5 – 12.7 – 12.6 – 12.6 – 11.1 – 10.9 – 11.3
(35.5-33.3) ※前後半3ハロンの比較

2012年
12.7 – 10.8 – 11.0 – 11.5 – 11.8 – 11.8 – 11.5 – 11.7 – 12.2
(34.5-35.4)

2011年
12.8 – 11.5 – 11.8 – 12.6 – 12.4 – 12.0 – 10.9 – 11.1 – 11.6
(36.1-33.6)

2010年
12.9 – 11.2 – 11.4 – 11.5 – 11.9 – 12.0 – 11.1 – 12.1 – 12.3
(35.5-35.5)

2009年
13.0 – 11.3 – 11.5 – 12.2 – 12.0 – 11.7 – 10.9 – 11.1 – 11.6
(35.8-33.6)

毎日王冠は年によってレース質が異なる

2009年と2013年は前後半3ハロンが2秒前後、後傾ラップとなっている。つまり、スローペースの瞬発力勝負になったのだ。

この2年は明確な逃げ馬が不在だった。2009年は前走逃げた馬が1頭もいなかったため、好スタートを切ったウオッカが馬群を引っ張ることに。2013年も同様に逃げ馬が不在。中間の3ハロンがすべて12秒台後半というかなり緩んだ流れになってしまった。

一方、2010年と2012年は「シルポート」という明確な逃げ馬が出走していた。だから締まった良いレースとなり、瞬発力より持続力が求められる傾向にある。

2011年こそ、シルポートが出走していながらスローペースになったものの、基本的にこの馬が先陣を切るとフラット〜前傾ラップの流れになる

だから、まずはどのようなペースになるのかを予想しなければならない。

ということで今年の出走馬を見てみると、なんと前走逃げた馬が1頭もいないどころか、過去3走で逃げた馬すら1頭もいない。

となると今年はスローペースとなり、瞬発力と位置取りの勝負になる可能性が高い。

それを考慮した上で、馬券を組み立てていったほうが良さそうだ。となるとこの馬には警戒していきたい。

その馬の名(B)は→「人気ブログランキング」で公開中!
(現在10位前後!当サイトの紹介欄に注目馬を掲載しています)

このメンバーなら前へつけられる可能性が高いし、血統的にも悪くない。久々がどうかだが、人気次第では積極的に勝っても良さそうだ。

メルマガ会員募集中です!

当サイトでは、重賞を含む注目レース予想はもちろんのこと、

・芝レース全レース回顧(馬別にコメントを掲載)
・種牡馬考察

を配信しています。レースを振り返り、血統を知ることが週末の予想につながっていくからです!

京成杯2

↑↑回顧のイメージ↑↑

一ヶ月3000円ですが、加入後2週間は完全無料で購読いただけます!(※) まずは何週間か購読していただき、継続するかどうか、決めてもらえれば幸いです!

詳細はこちらのページへ!

なにやら小難しいタイトルをつけてしまいましたが(笑)、何も難しいことはやっていません。気軽に登録してみてくださいねm(_ _)m

※ペイパルから申し込んでいただけると完全無料となります!