今回は安田記念2016の検証をしていきます。

安田記念は東京芝1600mで行われる春のマイル王決定戦です。過去のデータからレース傾向や血統傾向を探っていきます。また、出走予定登録馬を見て、この段階での注目馬を導き出していきます。

では、しっかり考察していくことにしましょー!



レース傾向(過去のラップ傾向)

2016年
12.4 – 10.8 – 11.1 – 11.6 – 11.4 – 11.2 – 11.3 – 12.2

2015年 ※不良のため参考外

2014年
12.0 – 10.7 – 11.2 – 11.4 – 11.7 – 11.5 – 11.3 – 11.7

2013年
12.2 – 10.7 – 10.9 – 11.1 – 11.4 – 11.3 – 11.8 – 11.9

安田記念といえば「ラップが全く緩まない」というのが最大の特徴です。マイルのGIなので当たり前ではありますが、11秒台後半すら珍しいくらい。

また、「ほぼ確実に前傾ラップになる」ことも特徴です。

2015年 34.3-34.7
2013年 33.9-34.5
2012年 33.8-35.0

ご覧のとおり。要するにスタートからずっと脚を使わなければ行かず、溜める場面がほとんどないということですね。

今年は少頭数になるようなので緩む可能性は否定できませんが、レース傾向は緩みにくいと頭に入れておいたほうが良いでしょう。

血統傾向

安田記念の血統的な特徴は実に簡単です。

昔からサンデーサイレンス産駒が苦手な重賞として有名でしたしね。

道中で脚を溜めることができない=サンデーサイレンス産駒が苦手なレース質

ということなので、基本的にあまり好ましいものではありません。

事実、良馬場で行われたここ3年は父非サンデー系が3連覇を成し遂げています。

モーリス 父スクリーンヒーロー
ロードカナロア 父キングカメハメハ
ストロングリターン 父シンボリクリスエス

ディープインパクトやハーツクライといったサンデーサイレンス系種牡馬全盛の時代に、こんな血統が走るなんて驚きですよね? しかし、それが安田記念の特徴なんです。

ということで、注目しているのはこの馬です。

その馬の名(A)は↓↓(ランキング内で『アルファベット→馬名』の順で記載)

人気ブログR内で注目馬を公開中!
(現在10位前後!当サイトの紹介欄に注目馬を掲載しています)

力は折り紙つき。なにやら人気もない模様。であれば、狙わない理由はありません。

メルマガ会員募集中です!

当サイトでは、重賞を含む注目レース予想はもちろんのこと、

・芝レース全レース回顧(馬別にコメントを掲載)
・種牡馬考察

を配信しています。レースを振り返り、血統を知ることが週末の予想につながっていくからです!

京成杯2

↑↑回顧のイメージ↑↑

一ヶ月3000円ですが、加入後2週間は完全無料で購読いただけます!(※) まずは何週間か購読していただき、継続するかどうか、決めてもらえれば幸いです!

詳細はこちらのページへ!

なにやら小難しいタイトルをつけてしまいましたが(笑)、何も難しいことはやっていません。気軽に登録してみてくださいねm(_ _)m

※ペイパルから申し込んでいただけると完全無料となります!