激走馬を探せ!

開催2週目に突入した2回中山。4日終わって傾向が見えてきたことも多い。

そこで今回は、先週の中山開催を振り返り、注目すべきポイントを幾つか挙げていこう。

先週の傾向を探ることで、今週の激走馬が見えてくる!

父ターントゥ系爆発の予感!

まず血統に関して。特注血統として挙げた血の躍動が目立った。

キングカメハメハを狙え!2回中山開催を攻略せよ!
トニービンの血を狙え!2回中山開催の特注血統を公開!

中でも注目したいのは父ターントゥ系だ。

全体の成績は(0−0−1−2)だが、その内容が素晴らしい。

レッドスパーダ
父タイキシャトル
9番人気3着

セトノフラッパー
父タイキシャトル
7番人気5着

コスモバルバラ
父ロージズインメイ
12番人気4着

いかがだろうか? レッドスパーダの3着を筆頭に、12番人気のコスモバルバラが4着に、セトノフラッパーもしっかりと人気を上回って掲示板に載っている。

これは明らかに父ターントゥ系に向いた馬場だと読み取れる傾向だ。

もともと地味で人気になりづらい血統だけに、狙ってみる価値はあるはず。今週、父ターントゥ系の馬に注目してみるべきだろう。

続母父トニービンの好調

母父トニービンも好調を維持している。

先週は母父にトニービンの血を持つ馬が3頭出走したが、結果は(1−0−1−1)

オーシャンSでは母父ウイニングチケット(その父トニービン)が勝利を収めるなど、先週に引き続き、好調を維持している。

また、母父キングマンボ系も悪くない。

今週は(1−1−0−2)で複勝率50%。5番人気のニシノテキーラが2着に好走して3連単的中に貢献してくれるなど、しっかりと分析が機能した。

引き続き、注目していくべきだろう。

スタミナのある馬を買え!

次に注目したいのは前走の距離と馬場状態だ。

距離短縮組、前走で長い距離を使っていた馬たちの激走が目立っている。

———————————————————
前走距離 着別度数 勝率 複勝率 単回値 複回値
———————————————————
同距離 4- 3- 2-33/42 9.5% 21.4% 100 70
今回延長 3- 3- 2-19/27 11.1% 29.6% 61 54
今回短縮 2- 3- 4- 7/16 12.5% 56.3% 72 160
———————————————————

ご覧のとおり、距離短縮組は複勝率56%と、高い成績を残している。

これがなぜかと考えたのだが、やはり馬場がタフなため、スタミナの問われる状態にあるのだろう。

だから前走で長い距離を使っていた馬が有利になっているのだ。

また、馬場状態に関しても面白い傾向が出ている。前走、重馬場か不良馬場を使った馬の成績は、なんと(2−1−2−1)。複勝率は80%を超えている。

理由を色々考えてみたが、「前走タフな馬場を経験したことで現在の馬場にも対応できている」と解釈すれば辻褄が合う。

今週もタフな状態は続くはず。「距離短縮組」と「前走重馬場経験馬」に注目してみてはどうだろうか?

中山牝馬Sの狙いの1頭

さて、2回中山2週目の傾向はだいたいわかったはずだ。

そこで考えてみたいのが、中山牝馬Sで狙う馬である。上記の傾向に合致している馬は「買い」。

となると、好走血統と好走ローテに合致しているこの馬は、激走の可能性がかなり高いと見ていいだろう。

その馬の名(C)は→
(現在10位前後!当サイトの紹介欄に注目馬を掲載しています)

メルマガ会員募集中です!

当サイトでは、重賞を含む注目レース予想はもちろんのこと、

・芝レース全レース回顧(馬別にコメントを掲載)
・種牡馬考察

を配信しています。レースを振り返り、血統を知ることが週末の予想につながっていくからです!

京成杯2

↑↑回顧のイメージ↑↑

一ヶ月3000円ですが、加入後2週間は完全無料で購読いただけます!(※) まずは何週間か購読していただき、継続するかどうか、決めてもらえれば幸いです!

詳細はこちらのページへ!

なにやら小難しいタイトルをつけてしまいましたが(笑)、何も難しいことはやっていません。気軽に登録してみてくださいねm(_ _)m

※ペイパルから申し込んでいただけると完全無料となります!