今週は府中牝馬Sを検証してきた。

今一度検証を振り返り、予想の参考にしよう!

府中牝馬ステークス2014予想│血統データ!激走馬の共通点とは?
府中牝馬ステークス2014予想│好走率50%超を誇る必殺ファクターとは?

上記の検証を考慮した上で推奨するのがこの馬!

その馬の名(I)は→「人気ブログランキング」で公開中!
(現在10位前後!当サイトの紹介欄に注目馬を掲載しています)

府中牝馬Sではとにかく先行馬が結果を残している

前走、どんな位置取り別をしていた馬が府中牝馬Sで結果を残しているか見てみると……

◆前走脚質別集計
集計期間:2004.10.17 ~ 2013.10.14
——————————————————————-
前走脚質 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値
——————————————————————-
平地・逃げ 1- 3- 1- 5/ 10 10.0% 40.0% 50.0% 114 240
平地・先行 5- 4- 4- 32/ 45 11.1% 20.0% 28.9% 131 74
平地・中団 4- 2- 4- 54/ 64 6.3% 9.4% 15.6% 59 57
平地・後方 0- 1- 1- 39/ 41 0.0% 2.4% 4.9% 0 11
——————————————————————-

ご覧のとおり、逃げ・先行馬が圧倒的に良い。

反対に後方待機組は40頭以上走ったにもかかわらず、馬券になったのはわずかに2頭しかいない。

つまり、基本的に府中牝馬Sで後方一気は通用しないのだ。

よって、切れ味より前方で構えられ、ペースに対応して器用に脚を使える馬が強調できる。

・末脚より先行力
・切れ味よりしぶとい脚

それが府中牝馬Sで強調できる馬の特徴だ。

そう考えると、この推奨馬は“盤石”と言っていいだろう。

切れ味はないが、しっかりと先行してしぶとい脚を使える。もちろん、血統的にも強調できる。今回もよほどおかしな展開にならない限り、上位争いに食い込んでくることだろう。

メルマガ会員募集中です!

当サイトでは、重賞を含む注目レース予想はもちろんのこと、

・芝レース全レース回顧(馬別にコメントを掲載)
・種牡馬考察

を配信しています。レースを振り返り、血統を知ることが週末の予想につながっていくからです!

京成杯2

↑↑回顧のイメージ↑↑

一ヶ月3000円ですが、加入後2週間は完全無料で購読いただけます!(※) まずは何週間か購読していただき、継続するかどうか、決めてもらえれば幸いです!

詳細はこちらのページへ!

なにやら小難しいタイトルをつけてしまいましたが(笑)、何も難しいことはやっていません。気軽に登録してみてくださいねm(_ _)m

※ペイパルから申し込んでいただけると完全無料となります!