2回中山開催の血統的アプローチ

今回は前回に引き続き、2回中山開催を徹底攻略していく。

前回はキングカメハメハを筆頭とするキングマンボ系やターントゥ系といった系統を紹介した。

まだまだ注目していかなければいけない血は多いので、注意深く見ていこう。

ここでもトニービンに注目

1回阪神開催の際に「母父トニービンに注目」と書いたが、2回中山開催でも母父トニービンは大いに注意すべき血だ。

特に芝1800M以上のレースでは驚異的な成績を残している。

——————————————————-
年・年月 着別度数 勝率 複勝率 単回値 複回値
——————————————————-
2013年 1- 2- 1- 5/ 9 11.1% 44.4% 172 103
2012年 4- 1- 2- 8/15 26.7% 46.7% 540 157
2011年 2- 1- 0- 2/ 5 40.0% 60.0% 122 102
——————————————————-

ご覧のとおりだ。3年連続で複勝率44%以上、複勝回収値100以上。トータルの複勝率は50%に迫る勢いで、複勝回収値は130超。まさに特注血統と呼ぶにふさわしい。

また、前回キングマンボ系の躍動について書いたが、母系にキングマンボの血が入っていることも非常に強調できる。(こちらは距離問わず)

——————————————————-
年・年月 着別度数 勝率 複勝率 単回値 複回値
——————————————————-
2013年 0- 3- 5- 6/14 0.0% 57.1% 0 193
2012年 1- 1- 2- 4/ 8 12.5% 50.0% 127 136
2011年 1- 0- 0- 1/ 2 50.0% 50.0% 195 85
——————————————————-

過去3年をトータルで見ると、複勝率は55%、複勝回収値165と、驚異的な成績を残している。

この2つの血は、今年も躍動する可能性が高い。なぜなら、先週の開催で“予兆”があったからだ。

母父にトニービンを持った馬は1頭しか出走しなかったが、その1頭、ミヤビホークアイは7番人気ながら3着に激走した。

そして母父キングマンボ系の出走馬2頭のうち、マリアライトが5番人気ながら3着に入っている。

母父トニービンと母父キングマンボ系。

この2つの血を知っておくことが、2回中山開催の攻略に繋がることは間違いないだろう。

さて、今週行われる弥生賞でも、特注血統を持った馬が出走してくる。人気はないだろうが、決して侮れる存在ではない。

その馬の名(G)は→
(現在10位前後!当サイトの紹介欄に注目馬を掲載しています)

メルマガ会員募集中です!

当サイトでは、重賞を含む注目レース予想はもちろんのこと、

・芝レース全レース回顧(馬別にコメントを掲載)
・種牡馬考察

を配信しています。レースを振り返り、血統を知ることが週末の予想につながっていくからです!

京成杯2

↑↑回顧のイメージ↑↑

一ヶ月3000円ですが、加入後2週間は完全無料で購読いただけます!(※) まずは何週間か購読していただき、継続するかどうか、決めてもらえれば幸いです!

詳細はこちらのページへ!

なにやら小難しいタイトルをつけてしまいましたが(笑)、何も難しいことはやっていません。気軽に登録してみてくださいねm(_ _)m

※ペイパルから申し込んでいただけると完全無料となります!