3歳マイル王者へ続く道

今週から中山と阪神が開幕し、小倉と合わせて3場開催がスタートした。

今回はアーリントンカップについて書いていこう。

ミッキーアイルやエイシンブルズアイといった将来が期待される馬が出走してくるレース。その中で激走する可能性を秘めた穴馬とは?

なお、今日から3月!ということで、メルマガに加入するのは今が一番オトクだ。

先月から回顧版を強化し、次に繋がる配信を心がけて行っている。

3月は得意としている阪神、中山開催ということで、個人的にも思い切って勝負していこうと思っている。購読しようかどうか、迷っている方、気になっている方は今のうちに!(初月無料のため、4月末まで1カ月分の購読料で購読可能!)

勝ち組育成メルマガ【PC版】
勝ち組育成メルマガ【モバイル版】

アーリントンカップの穴馬

本来なら危険な人気馬を探っていくところだが、今回は人気どころがそれなりに信用できるという結論に至った。

ということで、今回は穴馬を公開しておきたい。

ポイントとなるのが「短距離志向」だ。

過去5年、アーリントンカップでは距離短縮馬が(1−0−2−11)で複勝回収値51という低水準なのに対し、同距離や距離延長での参戦馬が回収率的に優秀な成績を残している。

同距離
(1−4−3−18)
複勝率31%
複勝回収値106

距離延長
(3−1−0−21)
複勝率16%
複勝回収値142

いかがだろうか? 明らかに短距離志向の強い馬のほうが良い成績を残している

ちなみに距離延長組の複勝率が低いのは、明らかなスプリンターも混じっているからで、あまり気にする必要はない。

狙うべきなのは「1400Mがベストでマイルにも対応できる馬」。

となると、穴馬は必然的にこの馬になってくる。

その馬の名(G)は→
(現在10位前後!当サイトの紹介欄に注目馬を掲載しています)

血統的にも2回阪神の特注血統に合致していて、期待値は非常に高い。上位人気馬は強いが、風穴を開けるだけのポテンシャルは秘めている。

メルマガ会員募集中です!

当サイトでは、重賞を含む注目レース予想はもちろんのこと、

・芝レース全レース回顧(馬別にコメントを掲載)
・種牡馬考察

を配信しています。レースを振り返り、血統を知ることが週末の予想につながっていくからです!

京成杯2

↑↑回顧のイメージ↑↑

一ヶ月3000円ですが、加入後2週間は完全無料で購読いただけます!(※) まずは何週間か購読していただき、継続するかどうか、決めてもらえれば幸いです!

詳細はこちらのページへ!

なにやら小難しいタイトルをつけてしまいましたが(笑)、何も難しいことはやっていません。気軽に登録してみてくださいねm(_ _)m

※ペイパルから申し込んでいただけると完全無料となります!