3つの“キズナ”がひとつの形となりターフに舞い降りる

今年も残すところあと1カ月となり、2歳馬たちの力関係も徐々に見えてきた。エピファネイア、コディーノ、レッドレイヴンなど、将来が楽しみなスター候補たちも次々に登場している。

そして、その中でもひときわ輝きを放ち、その将来を期待されているのが

キズナ

である。佐藤哲三騎手の落馬負傷というアクシデントに伴い、次走ラジオNIKKEI賞2歳Sは武豊騎手で臨むことになった



武豊騎手とノースヒルズマネジメントといえば、まず真っ先に思い浮かぶのがトレイルブレイザー(馬主は前田幸治氏)だろう。

なかなか調子が上がらずに、社台系の馬からソッポを向かれた時期もあった武豊騎手だったが、ノースヒルズマネジメント系の関係者は「競馬といえば武豊」と信頼し続け、騎乗依頼を続けた。今秋にはこのコンビでアメリカに渡り、BCターフに挑戦。惜しくも4着に敗れたが、誰もが納得の騎乗ぶりで遠征を終えた。

そして今回、前田晋二オーナー所有のキズナの手綱をとることに。マイルチャンピオンシップの制覇で再びGIのお立ち台にたったことで流れが向いたのは確かだろうが、それ以前に武豊騎手とノースヒルズマネジメント系のオーナーたちは良い関係を築いていたと言える。

さらにエスポワールシチーを管理し、今週のJCダートへの騎乗も依頼した佐々木調教師の存在も大きかっただろう。今年のフェブラリーSでも佐藤哲三騎手の代役として武豊騎手に騎乗を依頼。2人の間にも確かな信頼関係が築き続けられている。

武豊騎手、ノースヒルズマネジメント、そして佐々木調教師。3人の絆が集約されたキズナは、どのような走りを見せてくれるのか、今から楽しみである。

武幸四郎騎手とメイショウの“キズナ”はダービーへのサインか

さて、来る5月26日は日本競馬の「始まりと終わりの日」日本ダービー。オークスは武幸四郎騎手とメイショウマンボが1着でゴール板を駆け抜けました。この“キズナ”は、否が応にも今週のダービーへの“サイン”だと考えたくもなるものです(笑)。

ダービーでは、武豊騎手とキズナのコンビが大きな期待を集めることでしょう。兄弟による連続GI制覇、前人未到5度目の東京優駿優勝ということになれば、競馬はもっと盛り上がるはず。このコンビには、馬券を度外視してでも注目して行きたいところです。

なお、日本ダービーの現時点での注目馬を公開しておきましょう。その馬の名は……

jinkeiba_banner_20111207085800.jpg
(現在20位前後!!リンク先で解答の確認をお願いします!)
参考になった方は応援クリックお願いします!

今回は、数あるサイトの中からよりすぐった評判のサイトを紹介します!

http://tacs-k.jp/

競馬情報サイトは有料サイトが多い中で、ここは無料のコンテンツも充実しています。

中でも面白いのが【重賞注目のダークホース】

重賞の注目馬を1頭ピックアップするのですが、この精度が極めて高い!

次はいよいよGI日本ダービーが開催。このサイトを見れば、的中へのヒントをつかめるはずです。

今週の注目馬を今すぐ無料でチェック!

http://tacs-k.jp/

メルマガ会員募集中です!

当サイトでは、重賞を含む注目レース予想はもちろんのこと、

・芝レース全レース回顧(馬別にコメントを掲載)
・種牡馬考察

を配信しています。レースを振り返り、血統を知ることが週末の予想につながっていくからです!

京成杯2

↑↑回顧のイメージ↑↑

一ヶ月3000円ですが、加入後2週間は完全無料で購読いただけます!(※) まずは何週間か購読していただき、継続するかどうか、決めてもらえれば幸いです!

詳細はこちらのページへ!

なにやら小難しいタイトルをつけてしまいましたが(笑)、何も難しいことはやっていません。気軽に登録してみてくださいねm(_ _)m

※ペイパルから申し込んでいただけると完全無料となります!