(C) Yasunari Goto

キズナに続いて、オルフェーヴルがロンシャンを駆け抜けた

しかもオルフェーヴルは他馬を圧倒する“公開調教”のようなレースぶり。

本番の凱旋門賞へ向けて、本当に楽しみな結果となった。

キズナは未知数なところが多かったが、オルフェーヴルは力さえ出せばここでは格上だということがわかりきっていた。それだけに無事にレースを終えてくれればと思っていたが、まさに何の心配も周囲に感じさせない圧倒的な走りだった。

キズナの時はドキドキしたが、オルフェーヴルの場合は強すぎて笑ってしまった(笑)

オルフェーヴルについてはもはや再び語る必要もないだろう。彼の血統に関しては昨年のフォワ賞の記事をご参照あれ。
→ロンシャンで走る“日本近代競馬の結晶”

いやー、本当に楽しみになってきた。この勢いで私もフランスへ行ってしまおうかな……。それほど、本当に楽しみ!

本番では今回よりも力強い走りを見せてほしい。何より、ゴール板を1着で駆け抜ける姿を見せてほしい

 

さて、今日は台風の影響で中央競馬が中止となり残念だが、明日の開催が正式に決定。セントライト記念での「本命にしてもいい穴馬候補」を記しておこう。

その馬の名は→(現在15位前後)

メルマガ会員募集中です!

当サイトでは、重賞を含む注目レース予想はもちろんのこと、

・芝レース全レース回顧(馬別にコメントを掲載)
・種牡馬考察

を配信しています。レースを振り返り、血統を知ることが週末の予想につながっていくからです!

京成杯2

↑↑回顧のイメージ↑↑

一ヶ月3000円ですが、加入後2週間は完全無料で購読いただけます!(※) まずは何週間か購読していただき、継続するかどうか、決めてもらえれば幸いです!

詳細はこちらのページへ!

なにやら小難しいタイトルをつけてしまいましたが(笑)、何も難しいことはやっていません。気軽に登録してみてくださいねm(_ _)m

※ペイパルから申し込んでいただけると完全無料となります!