前回はマーメイドSの“穴馬の条件”をお伝えした。今回は血統面についてみていこう。

マーメイドSの好走血統とは? ずばり、「ナスルーラ系」である。

過去5年で好走した15頭中、約半数の7頭が「母父ナスルーラ系」だった。

阪神芝2000mは小回りで、スピードの持続力が要求される。特に現在は梅雨に入り、他の季節とは比較にならないほど芝は水分を含み、馬場はタフなコンディションにある。

だからミスプロ系に代表されるアメリカ的な血統よりも、スタミナの要素も持った欧州の持続力血統であるナスルーラ系が台頭するのだ

昨年はディープインパクト×トニービンのグルヴェイグが1着。そして2着には同じく母父トニービン(×父アグネスタキオン)のクリスマスキャロルが入った。7番人気ながらの激走は、この血統がマーメイドSに合っていることを意味している。

今年、SS×ナスルーラ系という配合の馬はいないが、やはりナスルーラの血を持つ馬には注意が必要だろう。

メルマガ会員募集中です!

当サイトでは、重賞を含む注目レース予想はもちろんのこと、

・芝レース全レース回顧(馬別にコメントを掲載)
・種牡馬考察

を配信しています。レースを振り返り、血統を知ることが週末の予想につながっていくからです!

京成杯2

↑↑回顧のイメージ↑↑

一ヶ月3000円ですが、加入後2週間は完全無料で購読いただけます!(※) まずは何週間か購読していただき、継続するかどうか、決めてもらえれば幸いです!

詳細はこちらのページへ!

なにやら小難しいタイトルをつけてしまいましたが(笑)、何も難しいことはやっていません。気軽に登録してみてくださいねm(_ _)m

※ペイパルから申し込んでいただけると完全無料となります!