今回は京王杯2歳ステークスで人気が見込まれる馬たちについて考えていきたい。

ニシノラッシュ、サフィロス、ワキノヒビキといった馬たちは人気に応えられるのだろうか?

ニシノラッシュ

新潟2歳ステークス3着の実績を持ち、前走のくるみ賞では圧倒的1番人気に応えた。同じ舞台で行われる京王杯2歳Sで人気に支持されるのも当然だ。

サクラバクシンオーは2歳重賞で活躍馬を輩出。シルヴァーホークが晩成型なのは気になるが、血統的にはまずまず

前有利な京王杯2歳Sに有利な脚質をしているし、前走の内容も良かった。何より今年の新潟2歳Sはレベルが高く、上位入選馬が次走で軒並み好走している。

【11R】 第34回新潟2歳S

馬名次レース名次着
ニシノラッシュくるみ賞500*
コメートきんもく500*
ブリクストききょう
ナヴィオンききょう

この中で3着になったのだから、価値は高い。極端な外枠を引かない限り、それなりに評価していい馬だろう。

サフィロス

前走のカンナSではキンシャサノキセキ産駒としてはじめてOP勝ち。2連勝でここに望んでくるため、人気に支持されるだろう。

キンシャサノキセキの父フジキセキは東京芝1400mを得意としていて、血統的にも向いていそう……に見える。

しかし、京王杯2歳Sでは基本的にサンデー系を強調する事はできない。過去10年における父サンデー系の成績を見てみると……

父サンデー系成績
着別度数勝率複勝率単回値複回値
0- 4- 4-30/380.0%21.1%067

集計期間:2004.11.13 ~ 2013.11. 9

ご覧のとおり、1勝もしていないのだ。となると、この事実だけでも重い印は打ちたくなくなる。

ワキノヒビキ

同じことはワキノヒビキにもいうことができる。

父のオンファイアは全兄ディープインパクトのサンデー系。兄に比べるとダート適性が高いため、この舞台にも向いているだろうが、信頼性は高くない

しかも前走は10頭立ての最後方から差して2着という極端過ぎる競馬をしている。

末脚が秀逸なのはリプレイを見れば誰の目にも明らかだ。しかし、昨日も検証したように、そういう切れ味自慢は京王杯2歳Sのペースに対応できず、差しきれずに凡退する傾向にある

前走の上がり別の成績を見ても、強調できないことがわかる。

前走脚質別集計
前走脚質着別度数勝率複勝率単回値複回値
3F 1位2- 4- 1- 28/ 355.7%20.0%5456
3F 2位2- 4- 2- 24/ 326.3%25.0%7177
3F 3位1- 1- 4- 17/ 234.3%26.1%28240
3F ~5位2- 1- 0- 13/ 1612.5%18.8%256120
3F 6位~3- 0- 3- 28/ 348.8%17.6%23092

集計期間:2004.11.13 ~ 2013.11. 9

ご覧のとおり、かなり低調な数字となっている。

通常、東京であれば前走上がり1位馬は強調できる。しかし、繰り返しになるが京王杯2歳Sはそういうレースではないのだ。

ということで、上位人気3頭のうち、少なくとも2頭には明確な不安要素が存在する

今後の検証次第で高く評価する可能性もあるが、不安要素があることはしっかりと頭に入れておくべきだろう。

さて、今回は上位人気馬の牙城を崩す可能性が高い1頭を紹介しておこう。

その馬の名(K)は↓(ランキング内で『K→馬名』の順で記載)

人気ブログランキング内で公開中!
(現在10位前後!当サイトの紹介欄に注目馬を掲載しています)

父非サンデー系であり、歴代好走馬と共通する血を持っている。脚質的にも面白いだけに、注目していくべきだろう。

メルマガ会員募集中です!

当サイトでは、重賞を含む注目レース予想はもちろんのこと、

・芝レース全レース回顧(馬別にコメントを掲載)
・種牡馬考察

を配信しています。レースを振り返り、血統を知ることが週末の予想につながっていくからです!

京成杯2

↑↑回顧のイメージ↑↑

一ヶ月3000円ですが、加入後2週間は完全無料で購読いただけます!(※) まずは何週間か購読していただき、継続するかどうか、決めてもらえれば幸いです!

詳細はこちらのページへ!

なにやら小難しいタイトルをつけてしまいましたが(笑)、何も難しいことはやっていません。気軽に登録してみてくださいねm(_ _)m

※ペイパルから申し込んでいただけると完全無料となります!