京都11R 菊花賞

◎15 ユウキソルジャー→3着
◯02 フェデラルホール
▲01 ゴールドシップ→1着
☆16 スカイディグニティ→2着
△03 ベールドインパクト→4着
△06 ロードアクレイム
△07 エタンダール

久々に本命からスカッと的中したGI菊花賞。払い戻し額は大したことなかったが、予想的には4着のベールドインパクトも含めてほぼ完璧な内容だっただけによしとする。

やはり菊花賞は血統がものをいうレースということが改めて証明された




JIN競馬メルマガ!
携帯版 / PC版 → 詳細はこちらへ
メルマガ的中した10万馬券を公開中!!
万馬券的中の真実へ

GREE炎上!ある男性が【日記】で書いた【稼げる裏技】話題に!

本命のユウキソルジャーはトーセンダンス産駒で、何度も言っているように菊花賞血統ダンスインザダークの全弟。直線で厳しいかと思われたが、最後伸び脚を発揮して3着に食い込んだ。

2着のスカイディグニティは、父母父と母母父がセントサイモン系。同系統のリボーの血を持った馬は菊花賞でよく穴を開ている。近年で言えばビートブラック(2010年3着)、スリーロールスとセイウンワンダー(2010年1、3着)などもリボーの血を持ち、タフな菊花賞というレースにおいてはとても推せる血統であることを証明していた。

セントライト記念から好走するケースが少ない菊花賞だけに、スカイディグニティは血の力を証明したことになる。

断然のゴールドシップはやはり強かった。3000mのGIということで紛れがあり、波乱を期待しやすい条件だったため、単勝1.4倍の馬を積極的に買うわけにはいかなかったが、終わってみれば力でねじ伏せた格好だった。

反省点としては馬券の買い方だろうか。今年は自分の中で3連単にこだわってやっていこうというテーマのもと過ごしているが、少なくともゴールドシップが3着から飛ぶことは考えづらかっただけに、ユウキソルジャーとのワイド1点を買うべきだった。圧倒的1番人気が信用できる場合には黙ってワイド、というのが私の中で鉄則としてあるのだが、どうも春の天皇賞がちらついてしまい……(苦笑)

ゴールドシップに関しては、このあと別の記事で詳しく触れるが、まずはクラシックという関門を2冠で突破し、将来への展望が開けてきた。次走がジャパンカップなのか有馬記念なのかは未定だというが、個人的には有馬記念で勇姿を見たいと願っている。

さて、今週はいよいよ秋の天皇賞。トーセンジョーダンやルーラーシップといった強力な古馬はもちろん、カレンブラックヒルやフェノーメノといった3歳馬も揃った。

このレースで重要になるのが、以下の要素である。それは……

jinkeiba_banner_20111207085800.jpg
(現在10位以内!リンク先で解答の確認をお願いします!)
参考になった方は応援クリックお願いします!

メルマガ会員募集中です!

当サイトでは、重賞を含む注目レース予想はもちろんのこと、

・芝レース全レース回顧(馬別にコメントを掲載)
・種牡馬考察

を配信しています。レースを振り返り、血統を知ることが週末の予想につながっていくからです!

京成杯2

↑↑回顧のイメージ↑↑

一ヶ月3000円ですが、加入後2週間は完全無料で購読いただけます!(※) まずは何週間か購読していただき、継続するかどうか、決めてもらえれば幸いです!

詳細はこちらのページへ!

なにやら小難しいタイトルをつけてしまいましたが(笑)、何も難しいことはやっていません。気軽に登録してみてくださいねm(_ _)m

※ペイパルから申し込んでいただけると完全無料となります!