連覇を狙うトーセンジョーダン (C)arima0208

GIの中でも最も格式の高いレース。

近年、ますます重要視される2000mという距離。

名マイラーと名ステイヤーが出会い、激戦を繰り広げてきた約束の地。

日本競馬界において最も層が厚く、研ぎ澄まされた猛者たちが集まる舞台。

それが天皇賞秋

今年も激戦必至で、ちょっとしたポイントが勝負を分ける可能性が高い。

今回はそのポイントを見ていこう。キーワードは、“斤量実績”である




JIN競馬メルマガ!
携帯版 / PC版 → 詳細はこちらへ
メルマガ的中した10万馬券を公開中!!
万馬券的中の真実へ

GREE炎上!ある男性が【日記】で書いた【稼げる裏技】話題に!

格式の高い天皇賞における斤量

天皇賞秋は斤量58キロ(牝馬56キロ)で行われる数少ないレースだ。

斤量が重くなればなるほど、切れ味は鈍るものであり、特に瞬発力が求められる日本の競馬においては致命的だ。

よって、斤量が重くなっても好走できるということを示した斤量克服歴があるかないかが、非常に重要になってくる。実際、過去の好走馬たちを見てみると……

2011年
トーセンジョーダン
AJCC 58キロ 1着

ペルーサ
日経賞 58キロ 2着

2010年
ブエナビスタ
宝塚記念 56キロ 2着

ペルーサ ※3歳

アーネストリー
宝塚記念 58キロ 3着

2009年
カンパニー
毎日王冠、中山記念 58キロ 1着

スクリーンヒーロー
阪神大賞典 59キロ 4着(※重馬場)

ウオッカ
安田記念 56キロ 1着

ご覧のとおり、ほとんどの馬に好走歴があるか、3歳馬で斤量による恩恵を受けていた。

今年も斤量の克服歴は、大きなポイントとなってくるだろう。今年、上位人気が予想される馬は実績のある馬や3歳馬であるため、穴で食い込むとしたらこの斤量克服歴がひとつのポイントとなってくるはず。

となると、穴人気が予想されるこの馬は、厳しい戦いを強いられるかもしれない。その馬の名は……

jinkeiba_banner_20111207085800.jpg
(現在10位以内!リンク先で解答の確認をお願いします!)
参考になった方は応援クリックお願いします!

メルマガ会員募集中です!

当サイトでは、重賞を含む注目レース予想はもちろんのこと、

・芝レース全レース回顧(馬別にコメントを掲載)
・種牡馬考察

を配信しています。レースを振り返り、血統を知ることが週末の予想につながっていくからです!

京成杯2

↑↑回顧のイメージ↑↑

一ヶ月3000円ですが、加入後2週間は完全無料で購読いただけます!(※) まずは何週間か購読していただき、継続するかどうか、決めてもらえれば幸いです!

詳細はこちらのページへ!

なにやら小難しいタイトルをつけてしまいましたが(笑)、何も難しいことはやっていません。気軽に登録してみてくださいねm(_ _)m

※ペイパルから申し込んでいただけると完全無料となります!