「凱旋門賞2013」タグの記事一覧

【凱旋門賞制覇への提言】ニエル賞とフォワ賞からのローテは本当に正解か?

コラム

日本馬は凱旋門賞でなぜ勝てないのか?今年は2頭の日本ダービー馬、オルフェーヴルとキズナが挑んだものの、それぞれ2着、4着に敗れて、またしても悲願はかなわなかった。オルフェーヴルが2年連続で2着となったことや、日本で決して超一流とはいえなかったナカヤマフェスタが2着に来たように、日本馬のレベルは既に世界最高クラスにある。にもかかわらず、どうして日本馬は凱旋門賞で勝てないのか。そこには馬場適性や斤量の問題、ヨーロッパ勢の層の厚さなど、様々な理由が考えられる。中でも、私が最近考えるようになったのが「ステップレースの選定の仕方」にある。来年、再来年への教訓という意味も込めて、そのことについて記しておきたい。

オルフェーヴルとキズナ、無念の凱旋門賞で示された日本馬の力

コラム 競馬ニュース

「世界の壁は厚かった」という表現は適切ではない。負け惜しみに聞こえるかもしれないが、日本の中距離路線は世界でもトップの実力がある。その中で凱旋門賞が勝てていないという現状は本当に残念だが、この「ちょっとした差」は適性の差であって、「日本の馬が弱い」ということにはつながらない。

オルフェーヴル最大のライバル、ノヴェリスト陣営がオルフェを恐れる?「鮮烈すぎた」

競馬ニュース

凱旋門賞に出走するオルフェーヴルとキズナにとって、(というより彼らを応援するファンにとって)ライバルたちの動向は気になるところ。私ももちろん、その内の一人で(笑)、海外競馬のサイトに行ってはなにか新しい情報はないか、気にしている今日このごろです。と、見つけた一ネタを一つ紹介。

武豊「日本馬による凱旋門賞初制覇が日本人ジョッキーによるものなら幸せ」

競馬ニュース

「さあ、いよいよ、凱旋門賞ウィークです」キズナで凱旋門賞に参戦する武豊騎手は、ブログの冒頭でこう記した。いよいよ凱旋門賞。日本人の競馬ファンなら誰もが思っていることだろう。オルフェーヴルとキズナ。日本ダービー馬の2頭が、前哨戦のフォワ賞とニエル賞をそれぞれ制して挑む。これ以上、ワクワクすることがあるだろうか?武豊騎手も、思いの丈を語っている。

オルフェーヴル、凱旋門賞制覇へ1番人気…今年がチャンスな理由とは?

競馬ニュース

イギリスやフランスのダービーが終了し、秋へ向けた勢力図が見えてきた今日この頃。イギリスの大手ブックメーカー『ウィリアムヒル』社は、10月4日にフランス・ロンシャン競馬場で行われる凱旋門賞のオッズを発表しました。1番人気は昨年2着のオルフェーヴルで、2番人気は英ダービーを3勝3勝で制したルーラーオブザワールド。日本馬ではジェンティルドンナが4番人気、そしてダービー馬キズナは8番人気に入っています。

ページの先頭へ