今年こそ──。10月6日に行われる凱旋門賞(仏GI/芝2400M)へ向けて、“日本総大将”オルフェーヴルが最終追い切りを行った

フランスのシャンティー、エーグル調教場の芝コースで行われた追い切りを動画とともに振り返る。

万全の状態で決戦の舞台へ

オルフェーヴルは4頭併せの外から2頭目を進み、ジョッキーが軽くしかけると鋭く反応。重心の低い弾けるようなフォームで他馬を置き去り、5馬身差をつけて最後の準備を終えた。

何より素晴らしいのはオルフェーヴルの反応だった。5馬身差をつけてなお、余力はいっぱい。この状態の良さは、ぜひ動画を見て確認してほしい。

池江泰寿調教師がいたるところで「昨年よりも状態がいい」と発言しているが、これは本心から出る言葉なのだろう。それを感じさせる、素晴らしい動きだった。

1年前、ロンシャンに置き忘れた“忘れ物”を取りに行くために、やれることはすべてやった。あとは無事に本番を迎えてくれれば──

欧州調教馬以外が勝ったことのない凱旋門賞で、雪辱を期すために。世界一の称号を得るために。

オルフェーヴルがロンシャンへ出陣する。その準備は、整った。

さて、今回は今週行われる毎日王冠の「好走血統」を公開しておこう。12番人気で激走したジャスタウェイや、同じく二桁人気ながら3着に入ったアドマイヤフジには「ある共通点」があった。それは、「ある共通の血統」とも言い換えることができる。

人気薄を激走に導いたその「好走血統」とは……(現在15位前後)

メルマガ会員募集中です!

当サイトでは、重賞を含む注目レース予想はもちろんのこと、

・芝レース全レース回顧(馬別にコメントを掲載)
・種牡馬考察

を配信しています。レースを振り返り、血統を知ることが週末の予想につながっていくからです!

京成杯2

↑↑回顧のイメージ↑↑

一ヶ月3000円ですが、加入後2週間は完全無料で購読いただけます!(※) まずは何週間か購読していただき、継続するかどうか、決めてもらえれば幸いです!

詳細はこちらのページへ!

なにやら小難しいタイトルをつけてしまいましたが(笑)、何も難しいことはやっていません。気軽に登録してみてくださいねm(_ _)m

※ペイパルから申し込んでいただけると完全無料となります!