「オルフェーヴル」タグの記事一覧

ジャパンカップ2014予想│血統分析所見と的中への5箇条とは?

検証
(C)arima0208

ジャパンカップは東京芝2400mで行われるGIだ。クラシックディスタンスで行われ“古馬3冠”に数えられる権威あるレース。賞金額、勝ち馬の種牡馬価値の向上度を考えても、古馬GIの中で最も重要な一戦だ。そんな“真の名馬決定戦”で重要になるのは何なのか? 1週間をかけて徹底的に検証していこう。

オルフェーヴル、日本近代競馬の結晶に「ありがとう」

コラム
(C)y.tsutaya

誰がこの結末を「予想」しただろうか。グランプリ、有馬記念、オルフェーヴル、8馬身差の快勝。おそらく、多くの人たちは「期待」していたはずだ。オルフェーヴルが1着でゴール板を駆け抜けることを。有終の美を飾ってくれることを。しかし、8馬身差の圧勝劇を「予想」した者はいただろうか? おそらく、数は少ないのではないだろうか。またしても、オルフェーヴルは我々の期待を裏切ってくれたのだ。

【有馬記念】オルフェーヴルのラストランへの想い/2013

コラム

有馬記念というのは競馬ファンにとって特別なレースだと思う。有馬記念が来ると「1年が終わるんだなぁ」と感じる。有馬記念が終わると「今年もありがとう」と思う。そして、「来年も頑張ろう。少なくともダービーまでは頑張って生きよう」と思う。それが、有馬記念だと思う。しかも今年は特別な有馬記念になる。オルフェーヴルのラストラン。ここ数年、競馬界を引っ張ってきてくれた“金色の暴君”がついにターフを去るのだ。

オルフェーヴルとキズナ、無念の凱旋門賞で示された日本馬の力

コラム 競馬ニュース
オルフェーヴル、キズナ

「世界の壁は厚かった」という表現は適切ではない。負け惜しみに聞こえるかもしれないが、日本の中距離路線は世界でもトップの実力がある。その中で凱旋門賞が勝てていないという現状は本当に残念だが、この「ちょっとした差」は適性の差であって、「日本の馬が弱い」ということにはつながらない。

オルフェーヴル最大のライバル、ノヴェリスト陣営がオルフェを恐れる?「鮮烈すぎた」

競馬ニュース
イギリス紙『デーリー・メール』の画面キャプチャ

凱旋門賞に出走するオルフェーヴルとキズナにとって、(というより彼らを応援するファンにとって)ライバルたちの動向は気になるところ。私ももちろん、その内の一人で(笑)、海外競馬のサイトに行ってはなにか新しい情報はないか、気にしている今日このごろです。と、見つけた一ネタを一つ紹介。

オルフェーヴルは引退すべきか? 日本競馬の至宝の今後

コラム
(C)pippineat

本当に残念な知らせが届いた。心にぽっかり穴が空くようなニュースだ。宝塚記念へ出走を予定していたオルフェーヴルが、13日に行われた1週前追いきりで「運動誘発性肺出血」を発症。宝塚記念を回避し、秋の最大目標に見据えていた凱旋門賞の出走も含めて、今後が白紙になると池江調教師から発表された。

ページの先頭へ