(C)arima0208

有馬記念というのは競馬ファンにとって特別なレースだと思う。

有馬記念が来ると「1年が終わるんだなぁ」と感じる。有馬記念が終わると「今年もありがとう」と思う。

そして、「来年も頑張ろう。少なくともダービーまでは頑張って生きよう」と思う。

それが、有馬記念だと思う。

しかも今年は特別な有馬記念になる。

オルフェーヴルのラストラン。ここ数年、競馬界を引っ張ってきてくれた“金色の暴君”がついにターフを去るのだ。

オルフェーヴルの思い出

このブログでは何度も書いているが、私はオルフェーヴルが大好き。

ディープインパクトのような完全無欠のスーパースターではないかもしれない。

だけど、その荒削りで、未完成で、予想不可能なところに、今までいっぱい夢を見させてもらった

クラシック3冠を圧倒的な強さで勝ち取り、“史上最強”と言われた有馬記念を3歳で制した。

伝説になった阪神大賞典での逸走、天皇賞春でのまさかの敗北、宝塚記念での復活も昨日のことのように思い出す。

そして凱旋門賞での直線一気とまさかの失速と、2年連続の2着。日本競馬の悲願を達成することはできなかったが、彼の走りに何度夢を見たことか。

中でも、個人的に一番好きなのは、雨の中で行われたダービーを圧倒的な強さで勝ったこと。

ステイゴールド産駒にとっては特異な条件だったのかもしれないが、あの悪条件の中であれだけ圧倒的なパフォーマンスで勝ってしまうのだから、これからどれほどの馬になるのかと感嘆させられた。

当時、東京競馬場で見ていたのだが、しばらく立ち上がれないくらい、感慨深い思いになったのを覚えている。

そんなオルフェーヴルも有馬記念で引退。来年からは種牡馬として、夢を子どもたちにつないでいく。

最後の勇姿、しっかりと見届けたいと思う。

そんな有馬記念、もちろんオルフェーヴルが勝つだろうが(願望)、馬券的にはこういった馬から入ろうと思っている

有馬記念の軸馬候補(A)は→
(現在10位前後!当サイトの紹介欄に注目馬を掲載しています)

メルマガ会員募集中です!

当サイトでは、重賞を含む注目レース予想はもちろんのこと、

・芝レース全レース回顧(馬別にコメントを掲載)
・種牡馬考察

を配信しています。レースを振り返り、血統を知ることが週末の予想につながっていくからです!

京成杯2

↑↑回顧のイメージ↑↑

一ヶ月3000円ですが、加入後2週間は完全無料で購読いただけます!(※) まずは何週間か購読していただき、継続するかどうか、決めてもらえれば幸いです!

詳細はこちらのページへ!

なにやら小難しいタイトルをつけてしまいましたが(笑)、何も難しいことはやっていません。気軽に登録してみてくださいねm(_ _)m

※ペイパルから申し込んでいただけると完全無料となります!