「コラム」の記事一覧

“あの日”からもうすぐ1年が経ちます

コラム
hirokigoto

第一報はTwitterで知りました。信じられないというか、信じられないという感情すら湧いてこないほど、現実味がなかったことを覚えています。誤報だと信じていましたけど、次々に続報が入ってきて「ああ、本当なんだな」って。きっと、皆さんも、というか、競馬ファンなら同じような心境だったのではないでしょうか。(書きながら、今でも鳥肌が立ってしまう。ショックだったな、ホントに)

逃げ馬の期待値が絶対的に低い3つの理由とは?

コラム
ダイワスカーレット

タイトルを見て「何言ってんだ?」と思った方が多いのではないだろうか?逃げ馬といえば「大穴を開ける」というのが競馬界の常識の一つだ。天皇賞春のビートブラック、エリザベス女王杯のクイーンスプマンテとテイエムプリキュア、皐月賞のヴィクトリーなどなど、パッと思い浮かぶだけでも大穴馬がうじゃうじゃいる。しかし、あえて断言したい。逃げ馬の期待値は低い、と。

馬場を読むことの重要性を先週の的中から振り返る

コラム
マリーズケイ的中

競馬の格言の一つとして……馬場は生き物という言葉がある。なかなか馬場を読むというのは難しいのだが、しっかりと把握できると的中の確率はぐんと上がる。例えば今の中山と阪神の馬場はかなり特殊な馬場になっている。その傾向をつかめたからこそ、先週はほとんどの本命馬が馬券に絡んだ。

JRAの裁決は妥当か?岩田騎手への制裁が釈然としない2つの理由

コラム
(C)Mina Mina

まず、微妙な時期であることは承知していることは表明しておきたい。ただ、だからこそ、考えていきたい。競馬ファンのひとりとして。3月1日に行われた中山記念、GI馬3頭が集結して注目を集めたレースは、オークス馬のヌーヴォレコルトが勝ち切った。直線の叩き合いは見応えがあり、前評判通りの良いレースとなった。

プラス収支を達成するための唯一無二の方法

コラム 検証
ゆりかもめ賞的中1

競馬で勝つためには期待値の高い馬を狙い続けることが大事だ。しっかりとルールを決めて期待値の高い馬を狙い続ければ、必ずプラス収支に近づいていく。それを体現したのが、先週の勝負レース、ゆりかもめ賞だった。なぜ5番人気のヴェラヴァルスターを本命にしたのか? その理由こそ、期待値の高さだった。いい機会なので、東京芝2400mの狙いも含め、このレースを振り返っていこう。

ページの先頭へ