今回は日経新春杯2016の検証をしていきましょう。

京都芝外回り2400mで行われるハンデ重賞(GII)です。

過去の結果や血統のデータから、傾向を探っていきます。しっかり考察していくことにしましょー!



日経新春杯のポイント

日経新春杯のポイントをまとめてみました。

1.とにもかくにもトニービン
2.基本は内枠有利(ただし少頭数の場合は参考程度)
3.逃げ、先行馬が有利

です。

日経新春杯ではとにかくトニービンの血を持つ馬の台頭が目立ちます

アドマイヤデウス 父母父トニービン
アドマイヤフライト×2 母父トニービン
サトノノブレス 母父トニービン
カポーティスター 父母父トニービン
ルーラーシップ 母父トニービン

過去5年のうち、4年でトニービンの内包馬が好走しています。例外の1年は3代以内にトニービンを持つ馬が1頭のみ、その1頭は4番人気4着と人気と同程度には走っていましたから、好走扱いにしてもいいでしょう。

当然、今年もトニービンには大注目です。

あとは基本的に京都金杯やシンザン記念と一緒で内、先行有利。ただし、今年は登録段階で13頭と、少頭数になる可能性が高い。少頭数になると内、外の差がなくなりますが、データで予想する人たちは普通に外枠を嫌うので、外枠の馬たちにオッズ的な妙味が生まれてきます。その点に注意しておきたいところ。

そんなわけで、今のところ、注目しているのはこの馬です。

その馬の名(A)は↓↓(ランキング内で『アルファベット→馬名』の順で記載)

人気ブログランキング内で公開中!
(現在10位前後!当サイトの紹介欄に注目馬を掲載しています)

トニービンの血は持っていませんが、京都の中距離で割りといい成績を残している種牡馬の産駒でもあり、チャンスがあるのではないかと。

メルマガ会員募集中です!

当サイトでは、重賞を含む注目レース予想はもちろんのこと、

・芝レース全レース回顧(馬別にコメントを掲載)
・種牡馬考察

を配信しています。レースを振り返り、血統を知ることが週末の予想につながっていくからです!

京成杯2

↑↑回顧のイメージ↑↑

一ヶ月3000円ですが、加入後2週間は完全無料で購読いただけます!(※) まずは何週間か購読していただき、継続するかどうか、決めてもらえれば幸いです!

詳細はこちらのページへ!

なにやら小難しいタイトルをつけてしまいましたが(笑)、何も難しいことはやっていません。気軽に登録してみてくださいねm(_ _)m

※ペイパルから申し込んでいただけると完全無料となります!