今回は京王杯スプリングカップ2016の検証をしていきます。

前回は京王杯SCの予想のポイントについて書いたので、出走予定馬と照らしあわせていきたいと思います。どの馬が買えるのか、買えないのか、見ていくことにしましょう!

どの馬が買えるのか、買えないのか、見ていくことにしましょう!



京王杯スプリングカップの出走予定馬と予想オッズ

人気馬名予想オッズ
1サトノアラジン3.7
2ロサギガンティア3.8
3ダッシングブレイズ4.6
4エイシンスパルタン7.3
5オメガヴェンデッタ7.4
6アンタラジー9.0
7クラリティスカイ21.0
8サンライズメジャー21.1
9サクラゴスペル30.9
10ブラヴィッシモ40.5
11ダイワリベラル65.1
12ヴェルステルキング77.6
13ヒルノデイバロー90.1
14アイライン126.4
15ダンスアミーガ149.0
16サザナミ184.8
17ノウレッジ185.6
18エポワス287.5

こんな感じですね。では、上位人気馬を見ていくことにしましょう。

サトノアラジン

前走(ダービー卿)の回顧↓↓

可もなく不可もなく。内枠の馬たちが潰れる中、地力で3着に上がってきた。ここはベスト条件ではなかったため、次走条件が揃うなら当然重い印を打つべき。ただし、相手なりに走る馬で強い相手に善戦したとしても弱い相手に勝ち切れる保証はないことは頭に入れておきたい

条件好転なら重い印を……と思っていました。ただ初の1400mが合うタイプには……思えないですよね。能力は上位ですが、適性の面でどうか。

ロサギガンティア

阪神カップの覇者。東京芝1400mといえばフジキセキ産駒が最も得意としているコースの一つですから、この時点で軽い扱いにはできません。2走前には同コースのOP特別で勝っていますしね。

相手に選んでおくのが無難でしょう。

ダッシングブレイズ

前走(ダービー卿)の回顧↓↓

展開△。この上がりで届かないなら仕方ない。どうしても後ろから行くことになるため、阪神や東京の荒れ馬場のほうが合う。後遺症は大丈夫そう。見直し可

前走は見直し可能な内容でした。東京の重賞は父ノーザンダンサー系の期待値が高いですし、サドラーの系統って結構短距離で新たな一面を見せることが多いので、距離短縮も悪くないんじゃないでしょうか。

エイシンスパルタン

前走(春雷S)の回顧↓↓

完勝。順調に力をつけている。重賞でも面白い存在に。ただそんなにレベルの高いレースじゃなかったので人気になりすぎるようなら扱いを考えたい

長期休み明け以前のレースはとりあえず参考外として、ここ2走は稍重、前走は中山1200mと、東京芝1400mとは違った適性が求められるレースで勝ち上がってきていますよね。血統的にも特別強調できるわけではないので、回顧にもあるように人気になりに扱えばいいんじゃないでしょうか。

オメガヴェンデッタ

前走(阪急杯)の回顧↓↓

血統○。展開○。勝ち馬とはコーナーで外を回した分の差だが、恵まれた面が大きかった。1400mがベスト。マイルでは割引

前走は条件がかなり合っていました。普通なら割引ですよね。ただし、ゼンノロブロイ産駒は東京が得意なのと、事実として東京芝1400mは(1−0−1−0)+京王杯でも好走していますから、適性は高いですよね。ということで、それなりに評価する必要はあると思います。

上位人気の評価はこんなところ。

なお、この中で現時点で注目している穴馬はこの馬です。

その馬の名(E)は↓↓(ランキング内で『アルファベット→馬名』の順で記載)

人気ブログランキング内で公開中!
(現在10位前後!当サイトの紹介欄に注目馬を掲載しています)

メルマガ会員募集中です!

当サイトでは、重賞を含む注目レース予想はもちろんのこと、

・芝レース全レース回顧(馬別にコメントを掲載)
・種牡馬考察

を配信しています。レースを振り返り、血統を知ることが週末の予想につながっていくからです!

京成杯2

↑↑回顧のイメージ↑↑

一ヶ月3000円ですが、加入後2週間は完全無料で購読いただけます!(※) まずは何週間か購読していただき、継続するかどうか、決めてもらえれば幸いです!

詳細はこちらのページへ!

なにやら小難しいタイトルをつけてしまいましたが(笑)、何も難しいことはやっていません。気軽に登録してみてくださいねm(_ _)m

※ペイパルから申し込んでいただけると完全無料となります!