今回はみやこステークス2015の検証をしていきましょう。

京都競馬場で行われるGIII戦は12月に行われるGIチャンピオンズカップのステップレースとして有力馬が参戦してくるレースです。

その舞台設定から、的中へのヒントを探っていきましょう。



みやこSのポイント

みやこSのポイントをまとめてみました。

1.芝の中・長距離血統に注目
2.1900m以上での実績
3.充実の4、5歳馬が中心
4.チャンピオンズカップの重要ステップという位置づけ

まず意識したいのは「4」で挙げた「チャンピオンズカップの重要ステップという位置づけ」です。

チャンピオンズカップや前身のジャパンカップダートでは、みやこSで上位に入線した馬たちが活躍する傾向にあります。同じ関西で行われ、間隔も適度なことから、ここをステップに本番へ挑む馬たちが多いんですね。

2014年
3着 ナムラビクター
次走チャンピオンズカップ2着

2013年
1着 ブライトライン
次走ジャパンカップダート4着

2012年
1着 ローマンレジェンド
次走ジャパンカップダート4着

2着 ニホンピロアワーズ
次走ジャパンカップダート1着

3着 ホッコータルマエ
次走ジャパンカップダート3着

2011年
1着 エスポワールシチー
次走ジャパンカップダート3着

2010年
1着 トランセンド
→次走ジャパンカップダート1着

ご覧のとおり、毎年必ず、ここをステップにした馬たちがGIで上位に来ているんです。

要するに前哨戦とはいえレベルが高いため、変な穴馬や高齢馬が激走するケースは極めて少ないんです。

さらに血統的な観点から見ても、GIで好走する馬を輩出する要因が分かります。というのが、スタミナの裏付けがないと好走が難しいんです。

人気薄ながら好走した馬たちを見てみると、芝の中長距離の血が色濃く入っていることがわかります。

ナムラビクター 父ゼンノロブロイ
ニホンピロアワーズ 父ホワイトマズル
ホッコータルマエ 父キングカメハメハ
トウショウフリーク 父キングカメハメハ
サクラロミオ 父サクラローレル

ご覧のとおりです。なお、ダート血統ながら好走したランウェイワルツは前走2100mで2着と、ここより長い距離での実績がありました。

要するに「スタミナを裏付ける血統」、もしくは「1800mより長い距離での実績」が必要ということです。

となると、面白いのはこの馬ですね。

その馬の名(I)は↓↓(ランキング内で『アルファベット→馬名』の順で記載)

人気ブログランキング内で公開中!
(現在10位前後!当サイトの紹介欄に注目馬を掲載しています)

お父さんは中距離GI馬、お兄さんは2000mのGIで馬券に絡んだ実績を持っています。ここでも走れるポテンシャルを持った馬と言えるでしょう。

メルマガ会員募集中です!

当サイトでは、重賞を含む注目レース予想はもちろんのこと、

・芝レース全レース回顧(馬別にコメントを掲載)
・種牡馬考察

を配信しています。レースを振り返り、血統を知ることが週末の予想につながっていくからです!

京成杯2

↑↑回顧のイメージ↑↑

一ヶ月3000円ですが、加入後2週間は完全無料で購読いただけます!(※) まずは何週間か購読していただき、継続するかどうか、決めてもらえれば幸いです!

詳細はこちらのページへ!

なにやら小難しいタイトルをつけてしまいましたが(笑)、何も難しいことはやっていません。気軽に登録してみてくださいねm(_ _)m

※ペイパルから申し込んでいただけると完全無料となります!