今回はホープフルステークス2015の検証をしていきましょう。

早速、ポイントをおさえていきましょー!



ホープフルSのポイント

ホープフルSのポイントをまとめてみました。

1.芝ダート兼用血統が◎
2.ベタな早熟血統はもう通用しない
3.ディープなら“ズブいディープ”を

です。

昨年からGIIに格上げになったこと、昨夏に路盤の改修工事を行ったことなど、ホープフルSを取り巻く環境には変化がありました。それでも、例年の傾向はある程度引き継がれているように見えます。

まず大事なのは“ズブさ”ですね。暮れの中山というタフな条件なので、素軽い瞬発力血統では乗りきれません。また、今まで完成度の高さを武器に幅を利かせてきた早熟血統馬も、この条件は合いません。馬力のある血統、一定のスタミナを持っている血統が力を発揮できる条件なのでね。

例えば近5年の勝ち馬の父はキングカメハメハ×2、シンボリクリスエス×2、そしてディープインパクトです。

キングカメハメハとシンボリクリスエスは芝ダート、両方でGI馬を輩出しています。

ディープインパクトは芝に特化した種牡馬ですが、勝ち馬のシャイニングレイはディープインパクト産駒ながら500キロを超える巨漢馬でした。母父クロフネのパワーがよく出ていて、いい意味で“ズブさ”があったわけです。

ちなみにディープインパクト産駒は近3年で4頭が馬券に絡んでいます。うち2頭は500キロを超える巨漢馬、そして10番人気ながら2着に食い込んだマイネルストラーノは母父ブライアンズタイムでした。母父がロベルト系のディープインパクトはズブくなるのが通例であり、この馬も例外ではなかったので、狙うならこういうディープがいいと思います。

そんなわけで、上記の条件に合致する馬といえば、この子です。

その馬の名(D)は↓↓(ランキング内で『アルファベット→馬名』の順で記載)

人気ブログランキング内で公開中!
(現在10位前後!当サイトの紹介欄に注目馬を掲載しています)

前走は外枠が不利なコースで終始外外を回りながら力でねじ伏せました。レースレベルは高く、2着馬は先週の中山芝2000mの未勝利戦を楽勝しました。昇級戦になりますが、通用するはず。

メルマガ会員募集中です!

当サイトでは、重賞を含む注目レース予想はもちろんのこと、

・芝レース全レース回顧(馬別にコメントを掲載)
・種牡馬考察

を配信しています。レースを振り返り、血統を知ることが週末の予想につながっていくからです!

京成杯2

↑↑回顧のイメージ↑↑

一ヶ月3000円ですが、加入後2週間は完全無料で購読いただけます!(※) まずは何週間か購読していただき、継続するかどうか、決めてもらえれば幸いです!

詳細はこちらのページへ!

なにやら小難しいタイトルをつけてしまいましたが(笑)、何も難しいことはやっていません。気軽に登録してみてくださいねm(_ _)m

※ペイパルから申し込んでいただけると完全無料となります!