今回は京王杯2歳ステークス2015の検証をしていきます。

前回は予想のポイントについて書いたので、出走予定馬と照らしあわせていきたいと思います。

どの馬が買えるのか、買えないのか、見ていくことにしましょう!



京王杯2歳Sの出走予定馬と予想オッズ

人気馬名予想オッズ
1モーゼス3.0
2シャドウアプローチ3.4
3レッドカーペット4.7
4レッドラウダ10.9
5ボールライトニング12.9
6オデュッセウス15.1
7アドマイヤモラール15.3
8ボーダレス21.4
9トウショウドラフタ26.1
10ヒルダ39.1
11サイモンゼーレ52.0
12トップライセンス57.5
13メイプルキング58.9
14キングライオン77.5
15フジマサアクトレス94.9
16アンナトルテ116.5
17フリームーヴメント207.4
18フレンチイデアル211.8
19コマノドリーム240.4
20マザックヤース688.4

こんな感じですね。では人気馬を見ていくことにしましょう。

モーゼス

カレンブラックヒルの全弟ということで注目されていますね。新馬戦を同じ舞台で勝っていますから適性もそこそこあるはず。好走血統にも当てはまりそうですから、走ってくる可能性は十分にあると思います。

が、期待値の低い1戦1勝馬の重賞挑戦ということで、この人気なら買いたい理由は特にありません。ヒモまででしょう。

シャドウアプローチ

母父フレンチデピュティはいいと思いますが、父ジャングルポケットというのはどうなんでしょうか? どちらかと言えば晩成型なので、2歳重賞で強調できる血ではありません。

ちなみに東京の2歳重賞だと(1−0−0−7)。勝ったのは1番人気のフサイチホウオー(@東スポ杯)だけなので、やや心もとないかもしれません。

レッドカーペット

新種牡馬ダノンシャンティの産駒です。重賞レベルで通用する種牡馬かどうか、まだ見極めが必要ですが、東京芝1400mというのはお父さんのフジキセキの産駒が最も得意とした条件の一つ

母系にはミスプロの血が入っていますから血統面は面白そうですね。

レッドラウダ

この馬もダイワメジャー×母父ミスプロ系という血統をしています。前走ダートを使っている点がどうかといったところでありますが、血統は対応できておかしくないものをしています。

ボールライトニング

またまたダイワメジャーが見参。母系はミスプロ系ではなく、ヴァイスリージェント系ですが、どちらも米国血統なので大差はありません。

もっとも、この馬も1戦1勝馬なので、あまり信頼しすぎるのはよくないでしょう。
人気馬の評価はこんな感じですね。

ちなみに大穴候補として面白そうなのがこの馬です。

その馬の名(H)は↓↓(ランキング内で『アルファベット→馬名』の順で記載)

人気ブログランキング内で公開中!
(現在10位前後!当サイトの紹介欄に注目馬を掲載しています)

ここ2走は負けていますが、血統的にマイルでスパっと切れるタイプではないので、この敗戦はやむなしといったところ。1400mのほうが確実に合いますから、巻き返してくる可能性、充分あるんじゃないでしょうか。

メルマガ会員募集中です!

当サイトでは、重賞を含む注目レース予想はもちろんのこと、

・芝レース全レース回顧(馬別にコメントを掲載)
・種牡馬考察

を配信しています。レースを振り返り、血統を知ることが週末の予想につながっていくからです!

京成杯2

↑↑回顧のイメージ↑↑

一ヶ月3000円ですが、加入後2週間は完全無料で購読いただけます!(※) まずは何週間か購読していただき、継続するかどうか、決めてもらえれば幸いです!

詳細はこちらのページへ!

なにやら小難しいタイトルをつけてしまいましたが(笑)、何も難しいことはやっていません。気軽に登録してみてくださいねm(_ _)m

※ペイパルから申し込んでいただけると完全無料となります!