今回はアルゼンチン共和国杯2015の検証をしていきます。

前回は予想のポイントについて書いたので、出走予定馬と照らしあわせていきたいと思います。

どの馬が買えるのか、買えないのか、見ていくことにしましょう!



アルゼンチン共和国杯の出走予定馬と予想オッズ

人気馬名予想オッズ
1ゴールドアクター2.2
2サトノノブレス6.9
3レコンダイト7.4
4レーヴミストラル9.6
5マリアライト10.9
6プロモントーリオ12.3
7ヒラボクディープ15.0
8マイネルフロスト17.5
9ラブイズブーシェ29.9
10スズカデヴィアス31.1
11メイショウカドマツ39.6
12スーパームーン41.7
13アルバート46.3
14ニューダイナスティ58.0
15ロンギングダンサー59.9
16フラガラッハ80.4
17マイネルメダリスト121.5
18ロサギガンティア140.0
19ヴァーゲンザイル277.1
20マイネルジェイド345.5
21ニンジャ542.9
22ニシノビークイック542.9
23プランスペスカ566.0
24サクラレグナム578.3
25サイモントルナーレ591.1

こんな感じですね。では、上位人気馬を見ていくことにしましょう。

ゴールドアクター

父スクリーンヒーロー、母父キョウワアリシバという血統。普通の重賞ならスピード負けしてしまう血統ですが、父非サンデー系の相性がいいレースなので、いいと思います。自身も菊花賞3着の実績を持っているので、普通に有力でしょう。

サトノノブレス

父ディープインパクトなんですが、母父が凱旋門賞馬のトニービンなのでスタミナは十分。この馬も菊花賞2着の実績があるので、悪く無いでしょう。

レコンダイト

ハーツクライ産駒なのでこのレースには合っているでしょうし、同じコースで行われる目黒記念の2着馬なので適性があることは明らかですね。同じコースの重賞で走っているのであまり妙味はなく、人気なら積極的に買いたいというわけではありませんが……。

レーヴミストラル

人気馬の中だと微妙な部類に入ります。母父のハイエストオナーはフランスのGIイスパーン賞(芝1850m)の勝ち馬ですが、2000m以上の実績はありません。この中だと一枚落ちますね。

当レースで2年連続で好走したルルーシュの母父だったので向いていないわけではありませんが、お父さんがゼンノロブロイからキングカメハメハになっている点はネック。父キンカメ×母父グレイソヴリン系というと、目黒記念勝ちのヒットザターゲットがいるので、対応できないわけではないと思いますが、同馬は母父タマモクロスだったので……。

マリアライト

血統はいいと思います。母父エルコンドルパサー、菊花賞3着のリアファルの半姉と、スタミナのある血統構成をしているので。

 

以上が上位人気馬の考察になります。今回は比較的、適性のある馬が集まりましたから、そんなに荒れることはないんじゃないかなぁという気がしています。

ただ、カッチカチの予想なんて面白く無いということで、前回に続き穴馬候補を1頭挙げておきます

その馬の名(F)は↓↓(ランキング内で『アルファベット→馬名』の順で記載)

人気ブログランキング内で公開中!
(現在10位前後!当サイトの紹介欄に注目馬を掲載しています)

普通のサンデー系とは違った特徴を持つ馬。その特徴がアルゼンチン共和国杯では生きるでしょう。このコースで実績のある馬ですし、候補の1頭に入ってくるのは間違いないですね。

メルマガ会員募集中です!

当サイトでは、重賞を含む注目レース予想はもちろんのこと、

・芝レース全レース回顧(馬別にコメントを掲載)
・種牡馬考察

を配信しています。レースを振り返り、血統を知ることが週末の予想につながっていくからです!

京成杯2

↑↑回顧のイメージ↑↑

一ヶ月3000円ですが、加入後2週間は完全無料で購読いただけます!(※) まずは何週間か購読していただき、継続するかどうか、決めてもらえれば幸いです!

詳細はこちらのページへ!

なにやら小難しいタイトルをつけてしまいましたが(笑)、何も難しいことはやっていません。気軽に登録してみてくださいねm(_ _)m

※ペイパルから申し込んでいただけると完全無料となります!