アルゼンチン共和国杯│過去5回好走馬血統

着順馬名種牡馬母父馬
アスカクリチャンスターリングローズダイナレター
アドマイヤラクティハーツクライエリシオ
ルルーシュゼンノロブロイHighest Honor
ルルーシュゼンノロブロイHighest Honor
ムスカテールマヤノトップガンサンデーサイレンス
マイネルマークロージズインメイサツカーボーイ
トレイルブレイザーゼンノロブロイForty Niner
オウケンブルースリジャングルポケットSilver Deputy
カワキタコマンドサクラプレジデントナリタブライアン
トーセンジョーダンジャングルポケットノーザンテースト
ジャミールステイゴールドSadler’s Wells
コスモヘレノスグラスワンダーエリシオ
ミヤビランベリオペラハウスホリスキー
アーネストリーグラスワンダートニービン
ヒカルカザブエジャングルポケットサンデーサイレンス

集計期間:2004.11. 7 ~ 2013.11. 3

概要

東京芝2500mで行われるGIIのハンデ戦。ハンデ戦といっても、近年は出世レースとして知られている。

2008年の覇者スクリーンヒーローは次走ジャパンカップを制し、2010年の王者トーセンジョーダンは天皇賞秋でGI初勝利を達成した。また、2011年のトレイルブレイザーはブリーダーズカップターフで4着になっている。

秋のGIロードの谷間ではあるものの、ジャパンカップや有馬記念を見据えて上がり馬を“品定め”しておきたいところだ。

好走血統初見

・ハーツクライやゼンノロブロイ、ステイゴールドといったスタミナ型サンデー系が台頭

・ディープインパクト産駒はまだ2頭しか出走歴がないため、なんとも言えないが(0-0-0-2)と不発

・過去10年でジャングルポケット産駒が(1-2-1-7)と走っているように、トニービンやロベルトといったスタミナのある血統が走る重賞

・母系には欧州のノーザンダンサー系が目立つ

・過去10年で母父ノーザンテーストは(4-0-0-3)と抜群の強さを誇っている

パッと見、面白いと思うのはこの馬↓↓(ランキング内で『A→馬名』の順で記載)

人気ブログランキング内で公開中!
(現在10位前後!当サイトの紹介欄に注目馬を掲載しています)

アルゼンチン共和国杯の徹底検証記事一覧はこちらから↓↓

アルゼンチン共和国杯の検証はこちらへ