Dマガジンというやつに登録したんですが、これがめっちゃいい!

Dマガジンのページヘ

月400円で色々な雑誌が読める。週刊文春からプレジデントにフライデー、TarzanにCanCamまで(笑)。

何よりGallopを読めるのがでかい! 僕はGallopとか競馬ブックとか買わないんですけど、ここで読めるならいいなーと思って登録しました。

正直、Gallopとか競馬ブックに500円も600円も700円も払いのって、あんまり意味が無いなーって思って買わなかったんですけど、ここで読めるなら読みたいな、と。

皆さんも見てみてはどうでしょうか。

プロキオンSの血統考察その2

今回はプロキオンSの血統面を見て行きましょう。

中京ダート1400mの傾向を見ていると、ある血が強調できることに気付かされます。その血とは……

ロベルト

ですね。

ロベルトは芝ダート兼用の万能の血として知られています。すでに検証した通り、芝適性が求められるダートコースなので、芝でもダートでも走れるロベルトの血が強調できるわけですね。

実際に2012年以降の父ロベルト系の成績を見てみると……

マヤノトップガン
勝率8%
複勝率50%
単勝回収値110
複勝回収値164

ブライアンズタイム
勝率18%
複勝率41%
単勝回収値49
複勝回収値137

シンボリクリスエス
勝率13%
複勝率39%
単勝回収値104
複勝回収値128

ご覧のとおり、総じていい成績を残しています。芝適性が高過ぎるタニノギムレット産駒は(0−2−2−10)とイマイチなので、芝とダートの適性のバランスがいい馬が強調できるわけですね。

ここでもう一つポイントがあります。

仮にロベルト系の血を持っていたとしても、サンデーサイレンスの血が入ると芝適正が高まります。

いくら芝適正が求められるといっても、純粋な芝馬が走れるわけではありません。あくまでも芝とダートの才能のバランスが等しいような馬が強調できる。だから、芝適性が高過ぎるのは好ましくないんです。

よって……

・父ロベルト系
・母父サンデー系除外
・ダート戦で期待値が低い460キロ未満の馬除外

以上の条件に当てはまる馬は……

(10−5−7−29)
勝率19%
複勝率42%
単勝回収値221
複勝回収値164

ご覧のとおり、とても優れた成績となっています。

まとめると、ロベルトは芝とダートの才能のバランスが均等であるため、中京芝1400mに合った血統といえます。

プロキオンSでも注目して損はないでしょう。

ただし、サンデーサイレンスの血が入ると芝適性が高まりすぎてしまうため、あまり好ましくない。その点は見逃さないようにしましょう。

と、ここまで書いておいてなんですが、父ロベルト系は登録なし! とはいえ、ロベルトの血を色濃く引いている馬はいます。

その馬の名(E)は↓↓(ランキング内で『アルファベット→馬名』の順で記載)

人気ブログランキング内で公開中!
(現在10位前後!当サイトの紹介欄に注目馬を掲載しています)

父も芝とダートの才能のバランスがいい血統のため、適正は◎。当コースで好走歴もあるため、外せない1頭と言えそうですね。

メルマガ会員募集中です!

当サイトでは、重賞を含む注目レース予想はもちろんのこと、

・芝レース全レース回顧(馬別にコメントを掲載)
・種牡馬考察

を配信しています。レースを振り返り、血統を知ることが週末の予想につながっていくからです!

京成杯2

↑↑回顧のイメージ↑↑

一ヶ月3000円ですが、加入後2週間は完全無料で購読いただけます!(※) まずは何週間か購読していただき、継続するかどうか、決めてもらえれば幸いです!

詳細はこちらのページへ!

なにやら小難しいタイトルをつけてしまいましたが(笑)、何も難しいことはやっていません。気軽に登録してみてくださいねm(_ _)m

※ペイパルから申し込んでいただけると完全無料となります!