ジャパンカップダート、ノンコノユメ強かったですねぇ。

予想は残念な結果に。

やっぱり地方はわからないので、遊び程度にやらないとですね。

ノンコノユメはクロスクリーガーが作った消耗戦がハマった印象ですけど、あの末脚は魅力的ですね。ただ後ろからいく馬の宿命というか、展開に左右されることは間違いないので、あまり人気になりすぎるのであれば嫌う手もありそう。

あとダート馬としては450キロ程度とかなり小柄なので、500キロを超える古馬たちに揉まれるようになるとどうか、ですね。

ベタな血統考察

さて、本題。プロキオンステークスの血統考察をやっていきましょうか。

単純な話でキーワードは……

芝血統

ですね。

中京は直線が長い。だから瞬発力が求められる。単純なダート血統だと単調すぎて直線の長さをしのぎきれない。よって、芝血統が台頭する、という構図です。

例えば5番人気以下で馬券に絡んだ馬を見てみましょう。

2014年
3着 ガンジス(10番人気)
父ネオユニヴァース(サンデー系)
母父シルヴァーデピュティ(ヴァイスリージェント系)

2013年
2着 セイクリムズン(5番人気)
父エイシンサンディ(サンデー系)
母父サウスアトランティック(ボールドルーラー系)

2012年
1着 トシキャンディ(12番人気)
父バブルガムフェロー(サンデー系)
母父マキャベリアン(ミスプロ系)

はい。お分かりですね。すべて父サンデー系でした。

ネオユニヴァースはクラシックの2冠馬。

バブルガムフェローは秋の天皇賞馬。

エイシンサンディは未出走馬なのでなんとも言えませんが、母のエイシンウイザードが阪神牝馬Sや中山牝馬Sで馬券に絡み、マイルチャンピオンシップで6着になっていますから、まぁ芝馬でしょう。

競馬なので同じような穴パターンが4年連続でハマるかどうかはやってみないと分かりませんが(苦笑)、信じるに値する傾向だと思いませんか?

そしてもう一つ、注目したいポイントがあります。

彼らのキャリアを振り返ると、芝のレースで好走した実績を持っています

ガンジスは芝のOP橘Sの勝ち馬。

セイクリムズンは未勝利で2着が2回あるだけですが、トシキャンディは500万条件を芝の短距離で勝ち上がっています。

芝血統なのダートを主戦場にしている。だけど芝血統だから芝で好走歴がある。

プロキオンステークスとは、そんな馬を狙うレースといえます。

まぁこんなことをやるより、芝ダート兼用種牡馬のキングカメハメハ産駒が3年連続好走している点を上げたほうが話が早かったんですが(笑)、まどろっこしく説明してみました。

・芝種牡馬(サンデー系、キングマンボ系)
・芝で好走歴

そんな条件を満たしているのがこの馬です。

その馬の名(B)は↓↓(ランキング内で『アルファベット→馬名』の順で記載)

人気ブログランキング内で公開中!
(現在10位前後!当サイトの紹介欄に注目馬を掲載しています)

状態が悪くなければ、普通に圏内でしょうね。

メルマガ会員募集中です!

当サイトでは、重賞を含む注目レース予想はもちろんのこと、

・芝レース全レース回顧(馬別にコメントを掲載)
・種牡馬考察

を配信しています。レースを振り返り、血統を知ることが週末の予想につながっていくからです!

京成杯2

↑↑回顧のイメージ↑↑

一ヶ月3000円ですが、加入後2週間は完全無料で購読いただけます!(※) まずは何週間か購読していただき、継続するかどうか、決めてもらえれば幸いです!

詳細はこちらのページへ!

なにやら小難しいタイトルをつけてしまいましたが(笑)、何も難しいことはやっていません。気軽に登録してみてくださいねm(_ _)m

※ペイパルから申し込んでいただけると完全無料となります!