今回は2015年の札幌2歳ステークスの検証していきましょう。

今年の札幌2歳Sはハービンジャー産駒のプロフィット、アラバスター、キングカメハメハ産駒のリアルキングらが出走予定です。

どの馬が王者に近いのか? 考察していきましょう。

札幌2歳Sの予想オッズ

人気馬名予想オッズ
1アラバスター2.6
2プロフェット4.7
3ラヴアンドポップ5.2
4アドマイヤエイカン6.6
5リアルキング8.9
6ディーズプラネット11.5
7アフターダーク17.7

この辺りが上位人気になる馬たちですね。

新潟記念でもこの文言使いましたが、もし本当にこんな感じの人気になるなら、

荒れる可能性があるんじゃないでしょうか?

1、2番人気が想定されるのはアラバスタープロフィットです。いずれもハービンジャー産駒。

皆さん、覚えていますか?

昨年、ハービンジャー産駒が“2勝目が遠い病”に侵されていたことを……。

ハービンジャーは鳴り物入りで種牡馬入りし、社台グループが誇る良血牝馬につけられまくったので、才能のある馬が多いです。だから、才能だけで新馬戦を勝ちます。

しかし、ハービンジャー自身がそうであったように、本質的には晩成血統なんですよ。

だからレベルが上がる昇級戦になると、完成度の高い早熟血統や能力が高い+それなりに仕上がりが早いディープやキンカメといったクラシック血統に負けてしまう。

ちなみに昨年、2歳時に2勝目を挙げたのはベルーフとトーセンバジルの2頭のみ。

重賞で言うと、6頭走ってすべて馬券圏外に敗れています。面白いことに、1、2、3、4、5、6番人気が1頭ずつ走ったのですが、掲示板の下のほうが精一杯でした。

となると、積極的に買いたくない人気馬となることは間違いないでしょうね。

あとはラヴアンドポップあたりが人気になるようですが、アドマイヤムーン産駒ってどうなんですかね。

今まで同産駒はマイル以上の重賞に58回挑戦しているんですが、勝ったのは2頭のみ。しかもどちらもGIIIのハンデ戦の人気馬でした。

2歳限定重賞となると(0−0−1−12)、ちなみに3歳限定重賞でも(0−1−3−29)と全く走っていません。というかハンデ戦を除くと(0−2−4−46)と完全にOPレベルで頭打ちという状態なんですね。

要するに、上位人気を積極的に買いたい血統的な理由が極めて薄いわけです。

まぁハービンジャー産駒は良血ですし、今開催走っているのはいいと思いますが、産駒の傾向という意味では買える要素はないですよね。

ということで、現時点では荒れる可能性大、と見ています。

唯一、パッと見、買えそうなのがこの中で買いたい馬はこの馬ですね。

その馬の名(B)は↓↓(ランキング内で『アルファベット→馬名』の順で記載)

人気ブログランキング内で公開中!
(現在10位前後!当サイトの紹介欄に注目馬を掲載しています)

他の上位馬に比べると一番無難というか、“それらしい血統”をしています。新馬戦のパフォーマンスも悪くありませんでしたし、買いたい1頭ですね。

メルマガ会員募集中です!

当サイトでは、重賞を含む注目レース予想はもちろんのこと、

・芝レース全レース回顧(馬別にコメントを掲載)
・種牡馬考察

を配信しています。レースを振り返り、血統を知ることが週末の予想につながっていくからです!

京成杯2

↑↑回顧のイメージ↑↑

一ヶ月3000円ですが、加入後2週間は完全無料で購読いただけます!(※) まずは何週間か購読していただき、継続するかどうか、決めてもらえれば幸いです!

詳細はこちらのページへ!

なにやら小難しいタイトルをつけてしまいましたが(笑)、何も難しいことはやっていません。気軽に登録してみてくださいねm(_ _)m

※ペイパルから申し込んでいただけると完全無料となります!