昨日は午前中はいい成績を残せましたが、午後は不発。。。

傾向はつかめているだけに、しっかりと修正して的中していきたいところです。

さて、本日は(ほぼ)全レース予想を予定しています。ちょっと時間的に微妙になりつつありますが、なんとかしていきたいところです。

午前中は基本的にツイッターでつぶやくので、チェックしてみてくださいね!

では、プロキオンステークスの予想です。

中京11R プロキオンステークス/勝負度D 波乱度C

◎04 タガノトネール
○01 キョウワダッフィー

人気ブログランキング内で公開中!
(現在10位前後!当サイトの紹介欄に注目馬を掲載しています)

☆05 レッドアルヴィス
△08 アドマイヤロイヤル
△02 ベストウォーリア
×06 コーリンベリー
×12 エアハリファ

昨日の予想を見て「キョウワダッフィー!」と思った方が多かったと思いますが、本命にするのはこちらです。

何度も書いて耳タコだと思いますが、プロキオンSの狙い目は……

・芝血統

です。となると、タガノトネールのポテンシャルはなかなかのもの

母父キングカメハメハは当レースで何頭も好走馬を出しているキングマンボ系。さらに母母父トニービンは御存知の通り芝馬です。

さらに一つ上の半兄はデイリー杯2歳ステークスを買って弥生賞で3着になったタガノエスプレッソ。芝の要素が満載というわけです。

ケイムホームはダート色の濃い種牡馬ですが、芝適性もなかなか。

代表産駒のケイアイライジンはプリンシパルステークスを勝ってダービーに出走したほど。さらにサウンドリアーナにしてもファンタジーステークスを勝って桜花賞へ歩みを進めています。タガノトネール自身、新馬戦は芝の2000mで勝っています。

ケイムホーム、キングマンボともにダートと芝のバランスがいい種牡馬のため、当コースの好走血統にまさしく合致するわけです。

キョウワダッフィーを本命にしても良かったのですが、7歳という年齢を考えると上がり目があるか微妙。だったら好走血統に合致し、前走OP特別を勝った5歳馬のタガノトネールに期待したい、というわけです。

内枠からうまく競馬を進められれば、十分にチャンスはあると判断します。

対抗はキョウワダッフィー。詳しくは昨日の記事を見て欲しいんですが、キングマンボ×ロベルトで当レースで好走実績があるとなれば、買うしかありません。

3番手はこの馬。

父は芝のGI馬、母父はダートの本場、アメリカの名血とバランスがとれています。一時期低迷していましたが、ここ最近は復調傾向にあり。もともとGIを勝つくらいの実力がある馬なので、一発決める可能性は十分でしょう。

その他、七夕賞など勝負度合いの高いレースの予想はメルマガで!

JINの勝ち組育成メルマガ

血統やデータ、人間の思惑に至るまで多角的な分析で競馬の真相に迫る

「なぜその馬が買えるのか?」という疑問に徹底的に答える充実の内容を完備。競馬を深く知りたい、楽しみたい、という方はこちらまで。

メルマガ会員募集中です!

当サイトでは、重賞を含む注目レース予想はもちろんのこと、

・芝レース全レース回顧(馬別にコメントを掲載)
・種牡馬考察

を配信しています。レースを振り返り、血統を知ることが週末の予想につながっていくからです!

京成杯2

↑↑回顧のイメージ↑↑

一ヶ月3000円ですが、加入後2週間は完全無料で購読いただけます!(※) まずは何週間か購読していただき、継続するかどうか、決めてもらえれば幸いです!

詳細はこちらのページへ!

なにやら小難しいタイトルをつけてしまいましたが(笑)、何も難しいことはやっていません。気軽に登録してみてくださいねm(_ _)m

※ペイパルから申し込んでいただけると完全無料となります!