昨日の鳴尾記念では◎アズマシャトルが3着を確保。推奨馬も確実に走ってくれた。

この勢いを安田記念にも。穴馬の激走に期待したい。

6月6日のブログ推奨馬

鳴尾記念の前に午前中の推奨馬を何頭か挙げてみることにしよう。

東京7R 3歳以上500万下/勝負度C

◎04 ハッピーベリンダ

アグネスデジタル産駒は東京マイルの湿った馬場が大得意だ。前走長期休み明けの分、終いが鈍ってしまったが、本来は33秒台の脚を使えるほどの脚がある。

今の湿った馬場状態なら、末脚が活きるはずだ。ここでも好勝負が可能だろう。

東京11R 安田記念

●●●●●●●を推奨したい。

その馬の名(E)は↓↓(ランキング内で『レース名→馬名』の順で記載)

人気ブログランキング内で公開中!
(現在10位前後!当サイトの紹介欄に注目馬を掲載しています)

安田記念で必要な要素をすべて備えている。

血統、実績という意味では出走馬の中で一二を争う好材料を持っている。

GIでは足りない馬という印象だが、陣営がGIで勝負をしなかったことが最大の敗因だと考えられる。

2度出走したマイルチャンピオンシップではともにプラス12キロ。前走大幅に馬体重が減っていたならまだしも、そうでないのにGIで二桁の体重増は勝負を放棄しているとしか言えない。

昨年の安田記念は道悪と展開によって敗れたが、見せ場はそれなりにあった。

2走前は展開があわず、斤量を背負わされていたため、見直しが可能。前走にしてもこの馬に向かない高速馬場、高速上がりの決着となったため、見なおしできる。ここ4走は着順がよくないため人気は全くないわけだが、いずれも言い訳できる負け方だった。

好走のためには展開の助けなどが必要不可欠であるものの、人気を考えれば一発を期待していい存在だ。

JINの勝ち組育成メルマガ

血統やデータ、人間の思惑に至るまで多角的な分析で競馬の真相に迫る

「なぜその馬が買えるのか?」という疑問に徹底的に答える充実の内容を完備。競馬を深く知りたい、楽しみたい、という方はこちらまで。

メルマガ会員募集中です!

当サイトでは、重賞を含む注目レース予想はもちろんのこと、

・芝レース全レース回顧(馬別にコメントを掲載)
・種牡馬考察

を配信しています。レースを振り返り、血統を知ることが週末の予想につながっていくからです!

京成杯2

↑↑回顧のイメージ↑↑

一ヶ月3000円ですが、加入後2週間は完全無料で購読いただけます!(※) まずは何週間か購読していただき、継続するかどうか、決めてもらえれば幸いです!

詳細はこちらのページへ!

なにやら小難しいタイトルをつけてしまいましたが(笑)、何も難しいことはやっていません。気軽に登録してみてくださいねm(_ _)m

※ペイパルから申し込んでいただけると完全無料となります!