今回はフローラステークスの検証を行っていこう。

オークスへの出走を目指す3歳牝馬たちが集うレースで求められる要素とは何なのか。

馬券的な観点から見て、どのように扱っていけばいいのだろうか? 見ていくことにしよう。

なお、福島牝馬Sの徹底検証はメールマガジンで行っていく。競馬の本質に迫り、複数のファクターと多角的な角度からの分析によってこのレースを丸裸にしていく。興味がある方はこちらに登録を。

PayPalから申しこめば2週間は完全無料で購読できるため、その期間にこのメルマガの価値を見定めて貰えれば幸いだ。

JINの勝ち組育成メルマガ

上がりが求められる舞台

ポイントの一つとなるのが「上がり」だ。

フローラSは東京芝2000mで行われる。直線が長く、牝馬限定戦らしいスローの瞬発力勝負になりやすいため、速い上がりを使えない馬は大幅に割り引かなければならない。

事実、過去10回のフローラSの勝ち馬10頭中9頭は「前走上がり3位以内」だった。

なお、唯一上がり4位以下ながら勝ち切ったのはディアジーナ。

この馬はクイーンカップ1着、フラワーカップ2着と重賞で着実に結果を出し、フローラSで単勝1.5倍の断然の1番人気に支持されていた。このレベルの馬でないと、速い上がりを使わないで勝ち切るというのは難しい。(※そのディアジーナにしても前走上がり4位)

また、東京芝2000mは内枠が有利なコースだ。しかもフローラSは開幕週に行われるため、基本的には内枠が断然有利。よって、内枠に入った馬の信頼性は高い

・前走上がり3位以内
・1〜4枠
・10番人気以内

以上の条件を満たす馬の成績はというと……

(6−4−2−20)
勝率19%
複勝率38%
単勝回収値225
複勝回収値135

ご覧のとおり、極めて優秀な成績を残している。昨年はサングレアル(1着)とブランネージュ(2着)が該当し、ワンツーフィニッシュ。一昨年はブリュネットが9番人気ながら3着に激走し、2012年は唯一の該当馬ミッドサマーフェアが1着となっている。

今年、前走上がり3位以内だった登録馬は……

アイノカケハシ
アスカビレン
アドマイヤピンク
ウインアキレア
エバーシャルマン
サダムブルーハワイ
チャリシー
バンゴール
マキシマムドパリ
リアンドジュエリー
ロックキャンディ

この中で内枠に入り、10番人気以内に支持されそうな馬は注意したいところだ。

なお、この中で面白そうな馬といえばこの馬だ。

その馬の名(E)は↓↓(ランキング内で『アルファベット→馬名』の順で記載)

人気ブログランキング内で公開中!
(現在10位前後!当サイトの紹介欄に注目馬を掲載しています)

キャリア5走ですべて上がり2位以内の脚を使っている。極端にキレるというわけではないが、確実に末脚を使ってくるはずのため、注目していきたい1頭だ。

メルマガ会員募集中です!

当サイトでは、重賞を含む注目レース予想はもちろんのこと、

・芝レース全レース回顧(馬別にコメントを掲載)
・種牡馬考察

を配信しています。レースを振り返り、血統を知ることが週末の予想につながっていくからです!

京成杯2

↑↑回顧のイメージ↑↑

一ヶ月3000円ですが、加入後2週間は完全無料で購読いただけます!(※) まずは何週間か購読していただき、継続するかどうか、決めてもらえれば幸いです!

詳細はこちらのページへ!

なにやら小難しいタイトルをつけてしまいましたが(笑)、何も難しいことはやっていません。気軽に登録してみてくださいねm(_ _)m

※ペイパルから申し込んでいただけると完全無料となります!