今回は2週間後に迫った天皇賞春の出走予定・登録馬を見ていこう。

春の古馬王道路線のタイトルを獲得するために、18頭がエントリーした。

今年はどんなレースになるのだろうか? まずは出走メンバーを確認していこう。

2015年 5月 3日(日) 3回京都4日目 18頭 [仮想出馬表]
【11R】  第151回天皇賞(春)
4歳以上・オープン・G1(定量)(国際)(指定) 芝3200m・外 (C)

馬名性齢斤量
アドマイヤデウス牡458アドマイヤドン
ウインバリアシオン牡758ハーツクライ
カレンミロティックセ758ハーツクライ
キズナ牡558ディープインパクト
クリールカイザー牡658キングヘイロー
ゴールドシップ牡658ステイゴールド
サウンズオブアース牡458ネオユニヴァース
スズカデヴィアス牡458キングカメハメハ
タマモベストプレイ牡558フジキセキ
デニムアンドルビー牝5 56ディープインパクト
トーセンアルニカ牝5 56メイショウサムソン
ネオブラックダイヤ牡758ゼンノロブロイ
フーラブライド牝6 56ゴールドアリュール
フェイムゲーム牡558ハーツクライ
フェノーメノ牡658ステイゴールド
ホッコーブレーヴ牡758マーベラスサンデー
ラストインパクト牡558ディープインパクト
ラブリーデイ牡558キングカメハメハ

勢力図を予想

なんといっても「キズナの復活なるか?」というレースになるはず。

昨年の天皇賞春で骨折し、休み明けの京都記念、産経大阪杯で好走するも、勝利とはならなかあった。今回は昨年のリベンジを懸けたレースでもあり、人気になることは確実だろう。

ただ、ディープインパクト産駒は3000m以上の重賞を未勝利。長距離よりもマイル適性が高いため、本質的に向いている舞台ではない。そうなると、疑って入ったほうがいい

さらにゴールドシップが参戦の見込みとなった。

もっとも、天皇賞春では2年連続で人気に支持されたが、どちらも惨敗を喫している。阪神や中山の中長距離がベストというタイプで、高速馬場に対応できない可能性が高い。この馬もどちらかといえば軽視する存在になる。

あとは3連覇を目指すフェノーメノが人気になりそうだが、秋から調子を崩して復調の気配が見えてこない点は気がかりだ。

そう考えると、上位人気に支持される馬たちには軒並み明確な不安がある。

新勢力のアドマイヤデウス、菊花賞2着のサウンドオブアースも参戦してくるため、決して盤石とはいえないはずだ。そう考えると、伏兵の台頭があるかもしれない。

なお、現時点での本命候補はこの馬だ。

その馬の名(D)は↓↓(ランキング内で『アルファベット→馬名』の順で記載)

人気ブログランキング内で公開中!
(現在10位前後!当サイトの紹介欄に注目馬を掲載しています)

長距離をおなせておかしくない血統をしているし、近走を見ても本格化していることが分かる。好勝負になるはずだ。

メルマガ会員募集中です!

当サイトでは、重賞を含む注目レース予想はもちろんのこと、

・芝レース全レース回顧(馬別にコメントを掲載)
・種牡馬考察

を配信しています。レースを振り返り、血統を知ることが週末の予想につながっていくからです!

京成杯2

↑↑回顧のイメージ↑↑

一ヶ月3000円ですが、加入後2週間は完全無料で購読いただけます!(※) まずは何週間か購読していただき、継続するかどうか、決めてもらえれば幸いです!

詳細はこちらのページへ!

なにやら小難しいタイトルをつけてしまいましたが(笑)、何も難しいことはやっていません。気軽に登録してみてくださいねm(_ _)m

※ペイパルから申し込んでいただけると完全無料となります!