今回はマイラーズカップの検証を行っていこう。

安田記念でGI制覇を目指す馬たちが集結する。京都外回り芝1600mで行われるレースのポイントとは何なのだろうか。

馬券的な観点から見て、どのように扱っていけばいいのだろうか? 見ていくことにしよう。

なお、福島牝馬Sの徹底検証はメールマガジンで行っていく。競馬の本質に迫り、複数のファクターと多角的な角度からの分析によってこのレースを丸裸にしていく。興味がある方はこちらに登録を。

PayPalから申しこめば2週間は完全無料で購読できるため、その期間にこのメルマガの価値を見定めて貰えれば幸いだ。

JINの勝ち組育成メルマガ

とにもかくにもディープ

ベタな検証であるが、京都外回り芝1600mではとにもかくにもディープインパクト産駒を狙うことが攻略への一歩となる。

マイラーズカップが阪神から京都へ移行したのは2012年。それ以降に馬券に絡んだ9頭を見てみると……

2014年
1着 ワールドエース(3番人気)
父ディープインパクト

2着 フィエロ(1番人気)
父ディープインパクト

3着 エキストラエンド(2番人気)
父ディープインパクト

2013年
3着 ダノンシャーク(3番人気)
父ディープインパクト

2012年
2着 ダノンシャーク(6番人気)
父ディープインパクト

ご覧のとおり、9頭中5頭がディープインパクト産駒だった。しかも3年連続で好走馬を出している。マイラーズカップにかかわらず、ディープインパクト産駒は京都外回りの重賞を得意としている。

昨年のマイルチャンピオンシップではダノンシャークとフィエロがワンツー。年明けの京都金杯でもエキストラエンドが好走している。

今年登録しているディープインパクト産駒は……

エキストラエンド
ダノンシャーク(挫石により回避)
ヒストリカル
フィエロ

フィエロとエキストラエンドはマイラーズカップの好走歴がある。またヒストリカルは半兄にマイルCSを勝ったカンパニーがいる血統だ。

中でも面白そうな馬といえばこの馬だ。

その馬の名(B)は↓↓(ランキング内で『アルファベット→馬名』の順で記載)

人気ブログランキング内で公開中!
(現在10位前後!当サイトの紹介欄に注目馬を掲載しています)

長期休み明けを経てやっと力をつけてきた。京都では(1−1−0−3)とあまりいい成績に見えない。しかし、都大路ステークスは重馬場が原因、カシオペアステークスも馬場が渋っていた。さらに福寿草特別は超スローの前残りレース。展開の不利があった。きさらぎ賞では上がり32.8という秀逸な脚を使っている。普通の馬場で行われるなら、好勝負になっていい。

メルマガ会員募集中です!

当サイトでは、重賞を含む注目レース予想はもちろんのこと、

・芝レース全レース回顧(馬別にコメントを掲載)
・種牡馬考察

を配信しています。レースを振り返り、血統を知ることが週末の予想につながっていくからです!

京成杯2

↑↑回顧のイメージ↑↑

一ヶ月3000円ですが、加入後2週間は完全無料で購読いただけます!(※) まずは何週間か購読していただき、継続するかどうか、決めてもらえれば幸いです!

詳細はこちらのページへ!

なにやら小難しいタイトルをつけてしまいましたが(笑)、何も難しいことはやっていません。気軽に登録してみてくださいねm(_ _)m

※ペイパルから申し込んでいただけると完全無料となります!