今回は日経賞の出走予定・登録馬を見ていこう。

天皇賞春を見据える馬たちのステップレースとして位置づけられている。昨年はここで叩いたフェノーメノが次走、天皇賞春連覇という快挙を成し遂げた。

今年はどんなレースになるのだろうか? まずは出走メンバーを確認していこう。

2015年 3月28日(土) 3回中山1日目 12頭 [仮想出馬表]
【11R】  第63回日経賞
4歳以上・オープン・G2(別定)(国際)(指定) 芝2500m (A)

馬名性齢斤量
アドマイヤデウス牡456アドマイヤドン
ウインバリアシオン牡757ハーツクライ
クリールカイザー牡657キングヘイロー
サウンズオブアース牡455ネオユニヴァース
ステラウインド牡656ゼンノロブロイ
タマモベストプレイ牡556フジキセキ
トーセンアルニカ牝5 54メイショウサムソン
フェノーメノ牡658ステイゴールド
フラガラッハ牡856デュランダル
ホッコーブレーヴ牡756マーベラスサンデー
マイネルメダリスト牡757ステイゴールド
ラブイズブーシェ牡656マンハッタンカフェ

勢力図を予想

少頭数ながらなかなかの好メンバーが揃った。

天皇賞春連覇のフェノーメノ、復活を期すウインバリアシオン、前走ゴールドシップを完封したクリールカイザー、そして菊花賞2着のサウンズオブアースなど、粒ぞろいとなっている。

中心になるのはやはりフェノーメノだろう。天皇賞春連覇、ダービー2着などGIで好走歴があり、実績で言えば一枚抜けている。一昨年、ここで勝っていることも含めて人気に支持される要素は多々ある。

ただ、昨年は2番人気5着と人気を裏切っていることに加え、昨秋は不振を極めた。6歳になって巻き返す力が残っているのか、疑問を持たざるをえない。

同じようなことはウインバリアシオンにも言える。大けがを何度も経験し、昨年の秋は見せ場を作れなかった。有馬記念で2着になっているように舞台適性は抜群だが、果たして巻き返せるのか?

一方、新興勢力は充実したキャリアを過ごしている。クリールカイザーは2014年以降、9回走ってすべて掲示板に載り、重賞では4連続好走中と力をつけている。中山実績は豊富。当然、人気の一角を担うはず。

また前走復活したアドマイヤデウス、サウンズオブアースもキャリアの充実度は高い。

不安要素のある実績馬と勢いのある若い馬という構図。結果やいかに?

なお、現時点での本命候補はこの馬だ。

その馬の名(D)は↓↓(ランキング内で『アルファベット→馬名』の順で記載)

人気ブログランキング内で公開中!
(現在10位前後!当サイトの紹介欄に注目馬を掲載しています)

前走は当該コースで快勝。中山で期待値の高い血統をしていて、適正が高いことは明らかだ。準オープン上がりで人気はないはず。さすがに軸まで持っていけるかはまだ分からないが、穴馬の1頭として考えていきたい。

メルマガ会員募集中です!

当サイトでは、重賞を含む注目レース予想はもちろんのこと、

・芝レース全レース回顧(馬別にコメントを掲載)
・種牡馬考察

を配信しています。レースを振り返り、血統を知ることが週末の予想につながっていくからです!

京成杯2

↑↑回顧のイメージ↑↑

一ヶ月3000円ですが、加入後2週間は完全無料で購読いただけます!(※) まずは何週間か購読していただき、継続するかどうか、決めてもらえれば幸いです!

詳細はこちらのページへ!

なにやら小難しいタイトルをつけてしまいましたが(笑)、何も難しいことはやっていません。気軽に登録してみてくださいねm(_ _)m

※ペイパルから申し込んでいただけると完全無料となります!