今週は朝日杯フューチュリティステークスが行われるが、すでに「有馬記念」という検索ワードで当ブログを訪れる方が多くなっている。

普段競馬を見なくても「有馬記念は知ってる!」という方も多いはず。少しでも興味を持ってもらえれば嬉しい限りだ。当ブログでは有馬記念を徹底的に検証していくので、お楽しみに。

その最初の企画として、今回は出走各馬の「1週前全頭診断」を行う。各馬のイメージを大まかに掴んでおこう。

1週前全頭診断/前編

ウインバリアシオン

昨年の有馬記念で2着。同じ舞台の日経賞で1着、2着1回と、中山芝2500mで(1−2−0−0)とパーフェクト連対。適正は間違いなくある。しかし、故障明けの前走は全く見せ場なく終わった。さすがに一変を期待するのは厳しいか。

エピファネイア

ジャパンカップで悲願の古馬GI初制覇を達成。天皇賞秋のような瞬発力勝負ではキレ負けしてしまうが、ジャパンカップのような底力勝負なら強い。有馬記念は後者になる可能性が高いため、ここでも有力。シンボリックリンク自身、有馬記念を2度制しているだけに、親子制覇の期待が高まる

オーシャンブルー

一昨年の有馬記念で2着になっている。しかし、それ以降は中山金杯以外、惨敗続き。近3走はすべて二桁着順。さすがに厳しい。

ゴールドシップ

一昨年の有馬記念の勝ち馬。昨年は3着。そして宝塚記念は連覇中という“グランプリマイスター”だ。実力、適正ともにメンバートップクラス。今年は凱旋門賞からの休み明けとなるが、特に嫌う要素はない。人気になるため本命にはしないが、不動の対抗といったところか。「はじめて馬券を買う!」という方はこの馬から行けば当たるのではないだろうか(笑)。

サトノノブレス

菊花賞2着の実績を持つディープインパクト産駒。前走の金鯱賞では2着に食い込んだ。持続力型のディープ産駒のため、適正は低くないだろう。ただ、さすがにこのメンバーに入るとどうか。

デニムアンドルビー

ジャパンカップ2着の実績を持つ。今年の秋は穴人気に支持されるも、馬券には絡めず。宝塚記念で5着になっているように、重たい馬場がダメというわけではない。ただ瞬発力型差し馬で、スローペースの差し比べが合う馬だけに、有馬記念が合うとはあまり思えない

トーセンラー

こちらもラストランとなる昨年の秋のマイル王者。中山ではセントライト記念で好走しているが、最も合うのが京都であることは間違いない。6歳のディープインパクト産駒という点を考慮すると上積みはなく、苦戦必死

トゥザワールド

今年の皐月賞2着馬。クラシックはすべて2番人気以内に支持されたが、栄冠は勝ち取れなかった。ただ、クラシックで走らないことは血統が証明済み。前走の菊花賞に至っては適正が全く合わなかった。有馬記念がベストな舞台だとは思わないが、前走より明らかに向く。しかも有馬記念は全兄のトゥザグローリーが2年連続2着となっているレースだ。穴馬の1頭として考えたい。

前編はここまで。後編に続く。なお、現時点での本命候補は以下になります。

その馬の名(有馬)は↓↓(ランキング内で『有馬→馬名』の順で記載)

人気ブログランキング内で公開中!
(現在10位前後!当サイトの紹介欄に注目馬を掲載しています)

メルマガ会員募集中です!

当サイトでは、重賞を含む注目レース予想はもちろんのこと、

・芝レース全レース回顧(馬別にコメントを掲載)
・種牡馬考察

を配信しています。レースを振り返り、血統を知ることが週末の予想につながっていくからです!

京成杯2

↑↑回顧のイメージ↑↑

一ヶ月3000円ですが、加入後2週間は完全無料で購読いただけます!(※) まずは何週間か購読していただき、継続するかどうか、決めてもらえれば幸いです!

詳細はこちらのページへ!

なにやら小難しいタイトルをつけてしまいましたが(笑)、何も難しいことはやっていません。気軽に登録してみてくださいねm(_ _)m

※ペイパルから申し込んでいただけると完全無料となります!