今回は高松宮記念の展望を行っていこう。出走予定・登録馬の紹介はすでにしてあるため、以下を参照してほしい。

高松宮記念2015予想考察1│出走予定・登録馬!勢力図を予想

今年最初の芝重賞を制し、春のスプリント王となるのはどの馬か? 有力馬を中心に、予想のポイントについて書いていこう。

予想オッズ

まずは予想される人気から見ていくことにしよう。

1番人気 ストレイトガール
2番人気 ミッキーアイル
3番人気 コパノリチャード
4番人気 エアロヴェロシティ
5番人気 ダイワマッジョーレ

上位はこんなところだろうか。

予想のポイント

今年の予想の肝は「昨年の結果を意識しないこと」だ。

なんとなく予想している方は昨年の結果を意識し、好走したストレイトガールやコパノリチャードに重い印を打つことになるかもしれない。

しかし、去年の高松宮記念を思い出してほしい。

レース当日、中京競馬場では大粒の雨が降っていた。馬場はボロボロになり、コンディションは不良。上がり3ハロンは11.9―12.6―13.2という減速ラップを刻んでいた。

つまり、スピードを競うスプリントGIだったにも関わらず、求められた能力は「不良馬場でも失速しないで走れるスタミナ」だったのだ。

事実、勝ったコパノリチャードは1400m以上が主戦場で1200mは初めてだった。普通のスプリンターよりスタミナがあったわけだ。2着のスノードラゴンはダート路線で活躍してきた。馬力が求められる不良馬場を苦にしないパワーを持っていた。

さらに15番人気ながら4着に激走したエーシントップも1200mは初めてであり、芝ダート兼用馬だった。

生粋のスプリンターが下位に沈むような馬場状態だったわけで、良馬場で行われていたら結果は違ったはず。

言い換えると、もし今年の高松宮記念が良馬場で行われた場合、昨年の実績は強調材料にならない

そう考えるとストレイトガールやコパノリチャードが昨年のように走るかは疑わしいし、昨年敗退した組から激走馬が出るかもしれない。

ということで今年のポイントは「昨年の結果を意識しないこと」。去年は去年、今年は今年と割り切って予想していこう。

なお、昨年の敗退組から好走の可能性がある馬を1頭挙げるとするなら筆頭はこの馬だろう。

その馬の名(A)は↓↓(ランキング内で『アルファベット→馬名』の順で記載)

人気ブログランキング内で公開中!
(現在10位前後!当サイトの紹介欄に注目馬を掲載しています)

昨年は大敗しているが、道悪がすべて。普通の馬場状態で行われれば、血統は合うため、リベンジの可能性も十分にありそうだ。

メルマガ会員募集中です!

当サイトでは、重賞を含む注目レース予想はもちろんのこと、

・芝レース全レース回顧(馬別にコメントを掲載)
・種牡馬考察

を配信しています。レースを振り返り、血統を知ることが週末の予想につながっていくからです!

京成杯2

↑↑回顧のイメージ↑↑

一ヶ月3000円ですが、加入後2週間は完全無料で購読いただけます!(※) まずは何週間か購読していただき、継続するかどうか、決めてもらえれば幸いです!

詳細はこちらのページへ!

なにやら小難しいタイトルをつけてしまいましたが(笑)、何も難しいことはやっていません。気軽に登録してみてくださいねm(_ _)m

※ペイパルから申し込んでいただけると完全無料となります!